ブログ

太極拳と站樁(たんとう)

太極拳と站樁(たんとう)のロゴ

太極拳の練習に站樁功を取り入れている方も多いと思います。

では、なぜ站樁の練習を行うのでしょうか?

今回は、站樁の意味や目的、注意点のほか、そもそも太極拳の練習に站樁が必要なのか?を考えてみたいと思います。

站樁(たんとう)とは?

太極拳の站樁(抱球樁)の写真

站樁の意味は、杭のように立つという意味です。

その言葉通り、所定の姿勢を維持したまま、一定時間立ち続ける練習法です。

日本では、太気拳創始 澤井健一先生によって広められ、別名 立禅とも呼ばれています。

本家の太気拳や意拳をはじめ、太極拳、気功、中国武術各派、また極真空手などでも採用されているようです。

站樁の起源については何とも言えませんが、意拳の創始者 王向斎老師が師である郭雲深先師から学んだようですから、意拳から各派へ流れていったのだと思われます。

站樁の効果や目的については後述しますが、まず站樁が太極拳の練習に有効なのか、必要なものなのか?を次項で考えてみたいと思います。

站樁は太極拳に必要か?

站樁の稽古を経験した方が総じて思うのは、「この稽古に何の意味があるの?」あるいは「何の効果があるの?」だと思います。

結論から言えば、意味がありますし、効果もあります。

ただし、それはその門派の練習体系が站樁と連係している場合に限ります。

連係していない場合は、単に足腰の強化や瞑想的な解釈となり、站樁をやっても、あまり意味が無いように思います。

では站樁と連係するとは、どういう事か、私が学んだ門派を例に考えてみましょう。

古伝太極拳(楊式太極拳 小架式)

鄭志鴻老師に学んだ古伝太極拳には、站樁の稽古がありました。

というよりも、鄭先生の古伝太極拳は、太極拳自体が站樁そのものでした。

入門して数か月は站樁しか教えてもらえませんでしたし、次に教えてもらったのは站樁を維持しながら歩法、そして太極拳の套路(型)も站樁の規格を維持しながら行います。

ですので、鄭先生の門派では、站樁は必須ですし、站樁無しで古伝太極拳の套路だけを学んでも全く意味がありません。

站樁の状態(規格)を維持しながら行う古伝太極拳(楊式太極拳 小架式)

当会の練習体系

当会の基本の練習体系を学んだ先生の門派では、【樁功、基本功、歩法】を三位一体のカリキュラムとして学びました。

例えば、ある樁功(静功)があれば、その樁功の動功としての基本功がありました。

また、歩法に関しても、站樁の状態を維持しながら移動する静功としての歩法と、基本功を行いながらの動功としての歩法練習がありました。

あの門派では、太極拳を学ぶ以前に【站樁、基本功、歩法】を三位一体として学ぶ事で、人体の構造を変える事を目的としていました。

套路も開門拳や二套拳など、これらの功法を組み合わせた独自のものが伝わっていました。

站樁の托天掌の写真
托天掌(大鵬展翅)の樁法。樁功で規格を作り、その規格を動功として動かす。

当会の初級教程で学ぶ站樁には、無極、抱球(下段と中段)、下按、青龍探爪(中立勢)、大鵬展翅、托天掌、白猿献果などがあります。

陳式太極拳(古伝小架式)

後年学んだ陳式太極拳(古伝小架式)の門派では、「止まった水は腐る」の言葉通り、站樁の稽古は一切行われていませんでした。

代わりに、ある基本功(動功)が站樁と同様の効果を得るために行われていたように思います。(規格を作るための練習法)

現在の陳家溝では、站樁の稽古も行われているようですが、陳家溝でも本来は站樁は行われていなかったように思います。

おそらく、北京で陳発科先師に学んだ馮志強老師によって、逆輸入されたのではないでしょうか。

また馮志強老師の門派のように、站樁を重視する陳式太極拳の門派もあるようです。

陳式太極拳 攬扎衣 擠勢の写真
陳式太極拳 攬扎衣。後年、私が学んだ陳式太極拳の門派では站樁の稽古は一切行われていなかった。

このように、同じ太極拳でも各派によって、站樁の扱いは様々で、要はそこの門派の練習体系に站樁がどれだけ深く関わっているかだと思います。

深く関わっていない場合は、無理に站樁の稽古をするよりも、その門派に本来備わっている練習をしたほうが、はるかに有効です。

站樁の目的

では次に、具体的な站樁の目的について考えてみたいと思います。

各門派で様々な考え方がありますが、当会では、まず以下の2点を目的としています。

站樁を行う理由
  1. 掤(ポン)勁の養成
  2. 垂直軸を中心とした内面的な骨格(規格、つながり)の形成

同時に上記の2点には、密接なつながりがあります。

太極拳の基本姿勢を身に付ける站樁の写真
太極拳の姿勢を観察すると、二つの特徴があります。

一つ目は、両足の間の垂直線上に頭がある事。もう一つは、首から足首にかけて緩やかな S字のカーブを描いている事です。

この姿勢は、S字のカーブ(バネ)の上に頭部を載せている状態と言えます。

また、頭という重りが、バネの上に垂直にある事で、このバネには弾性が蓄えられます。

そして、この弾性が太極拳の根源的な力である掤(ポン)勁の源となります。

掤(ポン)勁とは?

抗力(重力に抗う力)を源泉とし、太極拳運動の根幹となる力の事。

ゴムの縮もうとする力と、バネの弾もうとする力が共存した状態で、太極拳の全ての運動は、掤勁の状態を維持し、全身を連動して行う。

掤勁の状態を維持するためには、頭部の重さが絶えず、バネの上に垂直に維持されている必要があります。

それゆえ、太極拳では、立身中正、虚領頂勁、二目平視、含胸抜背など、姿勢上の要訣が非常に多く伝わっています。

站樁時の内面図
垂直軸の掤勁(弾性)の感覚を得たら、その感覚を両腕へとつなげます。

垂直軸に両手、両足がつながった姿勢となり、全身に掤勁の感覚を張り巡らせ【内面的な骨格(規格)】を形成します。

楊式太極拳 摟膝拗歩の写真
太極拳と站樁が連携している門派では、この站樁の規格を維持しながら太極拳の動作を行います。(写真は、楊式太極拳 摟膝拗歩)

站樁は、究極の型

站樁は、言い換えれば、究極の型(鋳型)と捉える事もできます。

鋳型というのは、溶かした鉄やプラスチックを流し込んで形成する型枠の事です。

溶かした金属を鋳型に流し込んでいるイラスト

站樁や太極拳における鋳型とは、沈肩墜肘や含胸抜背、立身中正、虚領頂勁などの身体上の要訣にあたります。

要訣という鋳型に体を流し込む事で、具体的には各関節の可動域を制限します。

一般的なスポーツや格闘技では、各関節の可動域を広げるのを良しとしますが、太極拳の場合は、逆に制限します。

肘や肩などの関節の可動域を制限する事で、逆に今まで使っていなかった部分【内面的な体の動き】が動き出します。

内面的な体の動きである内功については、こちらのページをご覧下さい。

つまり、肩や腕自体の動きを制限しなければ、内功(身体内面の動き)は稼働しないという事です。

当会の練習体系では、站樁で規格を作り、歩法によって垂直軸を強化し、基本功によって、站樁の規格を動かす仕組み(内功)を作っていきます。

当会の練習体系については、以下のページをご覧下さい。

会員達による太極拳の推手対練の写真
伝統太極拳の基本と練習体系(初級~中級)太極拳の基本功を中心に太極拳の基本姿勢、歩法、基本動作、陳式太極拳の基本功、太極拳の基本技法、初級套路(型)など太極拳入門者が学ぶ基礎的な練習方法を紹介しています。...

活站樁と死站樁

站樁と練る会員達の写真

活站樁死站樁という言葉は、私の造語です。

站樁を指導していて、一番感じるのは、活(生)きている站樁と、そうでない站樁をしている方がいる事です。

活きている站樁とは、全身に掤勁が張り巡らされ、何かエネルギーに満ち溢れている感じがあります。

静止していますが、咄嗟の際には全身が連動して動ける状態にある站樁の事です。

逆に死站樁とは、ただ立っているだけ、脱力して居付いてしまっている站樁です。

その違いは、一言で言えば練習量という事になりますが、どうせ站樁をやるのであれば、真剣に站樁に取り組んでみると良いと思います。

真剣に取り組むという事は、死に物狂いでやるという意味ではなく、自分で色々と試行錯誤をしてみるという事です。

というのは、站樁というのは、結局は 自分自身で体得していくものだからです。

先人の書いた文章をどれだけ読んでも、先輩の体験談を聞いても、それはその人が会得したものであって、あなた自身が得ていくものと完全に一致するとは限りません。

時には間違った方向に進む事もあるでしょう。逆に体を痛めてしまう事もあるかもしれません。

しかし、それで良いのです。間違いに気付けば、そこを修正する事ができます。

站樁とは、修正して、修正して、少しずつ自分自身の站樁(規格)を作っていくのです。

私が站樁を学び始めて27年の歳月が経ちます。

今日がベストの状態と思ってやっていますが、それでも日々変わっていきます。

日によって、微調節をしますし、がらっと感覚が変わる事もあります。

つまり、完全とか完成は無いのです。

それでも、人生最後の日がベストだと思って、今後も立ち続けるつもりです。

まとめ

今回は、站樁の意味や目的について、また站樁が太極拳の練習に必要なのか?について考察してみましたが、いかがだったでしょうか?

まとめとして言える事は、站樁は 鍛錬だという事です。ただし、【部分的】にではなく、体全体を一つと捉えての鍛錬です。

そして、その上で 練習体系の中の一部でしかないという事です。

単に站樁だけをやっていれば良いという事ではなく、站樁の規格を維持しながら動的な稽古(基本功や套路)を行い、站樁と太極拳をつなげていく作業が必要となります。

太極拳の要訣に「静中求動」、「動中求静」という言葉があります。

直訳すると、「静中に動を求め、動中にも静を求める」という意味です。

静止した状態でも、いつでも咄嗟に動く準備が出来ている。動いていても常に站樁の規格(姿勢と状態)を外れない。

站樁(静功)と太極拳(動功)が一致した状態の言葉だと思います。

站樁に関しては、様々な要訣がありますが、一番重要な事は、実際に立ち続ける事。そして、習慣化する事です

やり続けた人、会得した人にしか、結局は分からないのが站樁です。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

当会に興味を持たれた方は、湧泉会の特徴】のページをご覧下さい。

当会での学習を希望する方は、受講案内のページにお進み下さい。

よろしければ、本記事と関連の深い、以下の記事もご参考下さい。

会員達による太極拳の推手対練の写真
伝統太極拳の基本と練習体系(初級~中級)太極拳の基本功を中心に太極拳の基本姿勢、歩法、基本動作、陳式太極拳の基本功、太極拳の基本技法、初級套路(型)など太極拳入門者が学ぶ基礎的な練習方法を紹介しています。...

伝統太極拳の基本と練習体系について紹介しています。

太極拳の本質、内功とは?のロゴ画像
太極拳の本質、内功について太極拳の本質である内功の意味について、站樁、歩法、基本功など、内功をいかに練り鍛えていくのかを中心に内功を活用した技法についても紹介しています。...

太極拳の本質である【内功】について解説しています。

太極拳のポン勢で化勁をかけている写真
太極拳の化勁について(基本編) 皆さんは、太極拳の化勁(かけい)についてご存知でしょうか? 化勁の解釈は、門派によって様々ですが、現段階で私が理解してい...

推手の発展形とも言える化勁の仕組みや実例を紹介しています。

ブログランキングに登録してみました。
記事が参考になった方は、応援して頂けると幸いです(^人^)

にほんブログ村 格闘技ブログ 太極拳へ
体験のお申込みは、こちらから↓
太極拳のオンラインレッスン

太極拳のオンラインレッスンについては、下記ページをご覧下さい。

TOPページへ戻る

トップページへ戻る場合は、下記ボタンをクリックして下さい。