ブログ

伝統太極拳の練習内容(初級~中級)

陳式太極拳の基本功の画像
陳式太極拳の基本功

当会の太極拳教室の初級クラスから中級クラスの練習内容の一部を紹介します。

太極拳の初心者クラスの練習内容

前半の60分は、主に初心者を対象とした太極拳の基礎的な内容を練習しています。

基礎練功法

基礎練功法の本来の目的は、武術的な身体を作るための前段階の練習法ですが、当会では準備運動を兼ねて行っています。

一般的なものもあれば、当門独特の内容もあります。

太極拳の基礎練功法の循環式の写真
基礎練功法の循環式。当会独自の練功法です。
太極拳の基礎練功法のスワイショウの写真。
スワイショウにも、当会独特の要訣があります。
太極拳の基本功(大纏絲)を行う会員達の写真
圏肩法の一種(大纏絲)を行う会員達

どの功法にも、要訣があり、要訣の要求通りに練習をしていかなければ効果がありません。

基礎練功法で学んだ動作が、後々、基本功や套路(型)に形を変えて出てくるのも当会の特徴です。

太極拳の站樁

太極拳の站樁の写真
抱球樁(中段)

初級クラスでは、無極、抱球(下段と中段)、青龍探爪、白猿献果、大鵬展翅、托天掌などの站樁を行います。

当会の特徴としては、それぞれの樁功が、次に紹介する基本功の動作と一対のセットとなっている事です。

樁功(静)と基本功(動)を一対として学ぶ事で、静中求動、動中求静の実現を目指します。

また、站樁を組むことで、静止状態での外形と内形の一致をはかります(内外合一)

その他、立身中正、虚領頂勁、沈肩墜肘、上虚下実など、站樁で学ぶ要訣は多岐にわたります。

太極拳の基本功

当会の基本功の特徴は、前述したように樁功と一対となっています。

初級クラスで行っている基本功の主目的は、中国武術全般に共通する【内功による力の出し方】を学びます。

太極拳の基本功である白猿献果の写真
基本功 白猿献果式

白猿献果式は、身体内での膨張と圧縮(折畳)する仕組みを作り、かつ下から上へと向かう力(撩)の養成を目的としています。

発展形として、白蛇吐信などがあります。

太極拳の基本功である青龍探爪の写真
基本功 青龍探爪式

青龍探爪は、起勢や白猿献果などで得た折畳(膨張と圧縮)による圧力を前方へと運ぶ基本功です。

外見はシンプルですが、内面では非常に複雑な作業をしています。

発展形として、抱月掌などがありますが、前方に力を出すというのは、武術全般に必要不可欠な力です。

太極拳の歩法

楊式太極拳(如封似閉)を行う会員達の写真。
太極拳の歩法練習を行う会員達

歩法には、定位置で行う定歩、移動しながら行う活歩、またその場で転身する換歩などがあります。

当会の特徴としては、歩法を単独で練る場合と、上記で紹介した基本功と組み合わせて行う場合とがあります。

歩法と基本功を組み合わせて行う事で、太極拳を行うための全身の一致を目指します。(上下相随、上虚下実)

太極拳の基本技法

ある程度、基礎練功法や基本功の習得が進めば、初心者クラスでも太極拳の基本套路を学んでいきますし、同時に太極拳の基本技法も学んでいきます。

当会の套路練習の特徴は、型の順番を覚えるというよりも、一つ一つの技法を単独で確実に身に付けていくところにあります。

そのため、歩法の項で紹介したように、定歩(定位置)で行う事もありますし、活歩(上歩や退歩)、三角歩など様々な歩法と組み合わせて練習する場合もあります。

楊式太極拳 攬雀尾 ポン勢の写真
楊式太極拳 攬雀尾(ポン勢)

楊式太極拳に限らず、太極拳全般に共通する根幹的な技法。

本来は、槍術の防御技法を根幹としています。

一般的には防御的な技法と言われていますが、当会では、攻撃技としても用います。

楊式太極拳 攬雀尾の画像
楊式太極拳 攬雀尾(リー勢)

上述のポン勢とは、相反する(陰陽の関係にある)技法。

この架式も一般的には、防御的な技法と紹介されますが、当会では攻撃技としても使用します。

元々は槍術の防御技法、または劈系(上から下へ斬り下ろす)の技法から来ています。

楊式太極拳 攬雀尾の動画
楊式太極拳 単鞭の写真
楊式太極拳 単鞭

単鞭も太極拳を代表する技法です。

本来は、棍や春秋大刀を右手に携え、左手で相手の進行をくい止める構えでしたが、太極拳では左手刀もしくは、掌を用いて打法として用います。

春秋大刀の写真
春秋大刀(youtubeから引用)
楊式太極拳 単鞭 動画
単鞭の実用時の動き

また、単鞭は投げ技として、あるいは肘法としても活用します。

楊式太極拳 提手上勢の写真
楊式太極拳 提手上勢

楊式太極拳の提手上勢は、陳式太極拳の金剛搗碓の撩掌(下から上へ打ち上げる技)から発展した技法です。

陳式太極拳 金剛搗碓(右掌を下からすくい上げる部分に注目)

提手上勢は、実際には、次の白鶴亮翅や、前式である単鞭との連絡技法であり、前後の技法とつなげて使用します。

別の機会で紹介したいと思いますが、ヒントを一つ述べるならば、開→合→開 という事です。

太極拳の初級教程の必須項目

太極拳の初級教程での必須項目は、站樁にしろ、基本功にしろ、何より正確な外形を覚える事です。

そして、道場だけでなく、自分自身でも練習できるようになる事。

また、正確な動作を覚えると共に、先生の動きの雰囲気を感じる事。

そうすれば、少しづつ内功に関しても、理解できるようになるでしょう。

太極拳の初級套路(動画/初心者向け)

指導員による、初心者向けの太極拳の演武動画を紹介しておきます。

陳式太極拳 初級套路
楊式太極拳 簡架式

初級教程の武器術

太極拳の初級套路を覚えた方には、刀術や棍術などの基本的な技法も指導しています。

目的としては、武器を学ぶ事で、より武術としての身体を作り、強化していくためです。

ここでは、いくつかの中国刀術や棍術の基本技法を動画で紹介します。

基本刀術 掛刀

掛とは、引っかけるという意味ですが、掛刀を練習する事で、刀との連帯感を養ない、武器に慣れる事を目的としています。

基本刀術 劈刀

劈とは、上から下に切り落とす動作を指します。

武術に限らず、薪割りなどでもそうですが、上から下へ斬り落とす力からというのは、非常に大きい力です。

劈刀を練習する事で、倒捲肱や高探馬など、上から打ち落とす太極拳の技法の強化にもなります。

基本刀術 撩刀

撩とは、劈とは正反対に下から上へと切り上げる動作を指します。

撩刀を練習する事で、陳式太極拳の金剛搗碓の撩掌や楊式太極拳の扇通背など、下から上へと力を出す技法の強化となります。

基本棍術 掛棍

上述した掛刀を棍で行ったものです。

元々は棍術の防御技法ですが、この動作も棍を身体に馴染ませるために行います。

棍術を練習する男性会員達の写真
初級棍術 劈棍

劈刀と同じく上から下へと打ち下ろす棍術の基本技法です。

刀よりも、長く重たい棍を使用する事で、基礎的な功夫を高めていきます。

ここまで、太極拳の初級クラスの内容を抜粋して紹介してきましたが、これらの内容を毎回行う訳ではなく、段階や季節に応じて3ヶ月から半年位のスパンで練習内容を決めています。

当会の中級クラスの内容を見たい方は、 をクリックして続きをご覧下さい。

1 2
太極拳のオンラインレッスン

太極拳のオンラインレッスンについては、下記ページをご覧下さい。

体験のお申込みは、こちらから↓
TOPページへ戻る

トップページへ戻る場合は、下記ボタンをクリックして下さい。