ブログ

太極拳の本質、内功について

太極拳の本質、内功とは?のロゴ

皆さんは、太極拳の内功についてご存知でしょうか?

もし、あなたが太極拳の型を少しだけ学べれば良いと考えているのであれば、内功についての知識は必要ないかもしれません。

ただし、あなたが太極拳の本質まで学びたいとか、武術として学びたいという事であれば、内功の意味について知る必要があるでしょう。

なぜなら、太極拳をはじめ、八卦掌などの内家拳は、本質的には内功がすべてと言っても過言ではないからです。

内功のない太極拳は、もはや太極拳とは言えないかもしれません。

今回は、太極拳の本質である【内功について】考えてみたいと思います。

太極拳の外形と内形

内功についてお話する前に、まず太極拳の外形と内形について、お話したいと思います。

外形というのは、文字通り、外見の形です。見たままの形と言って良いと思います。

車で言えば、見たままのボディです。

車の写真
車の外形は、箱型

それに対して、内形というのは、内面の形、内側の形の事です。

言い換えれば、内面的な骨格の事です。

車であれば、フレームだったり、タイヤだったり、ハンドルだったり、最低限、その形態を維持する機能が揃った状態です。

車の車内のイラスト
車内から見れば、フレームなどの車体の骨格が目に付く

ちなみに、自転車の場合は、外形がそのまま内形という事になります。

自転車のシルエット画像
自転車の場合は、フレーム、タイヤ、ハンドル、チェーン、など自転車としての機能(内形)がそのまま外形となる。

太極拳の内形は?

では、太極拳にとっての内形とは、どのようなものでしょうか?

単純に人体の骨格かというと、そうではありません。

太極拳の場合には站樁。八卦掌には走圏という練習方法があります。

太極拳の站樁(タントウ)の写真
太極拳の站樁(たんとう)

站樁の場合は、定位置で止まったまま、走圏の場合は、歩きながらですが、どちらも上体は不動で同じ姿勢を維持したまま行います。

八卦掌の走圏
八卦掌の走圏(そうけん)

これらの練習は、いったい何のために行っているのでしょうか?

站樁や走圏には、様々な意味がありますが、初心者のうちにもっとも重視するのは、武術を行うための骨格(骨組み・内形)を作る事です。

武術を行うための骨格は、本来の骨格を基にしますが、伸筋抜骨といって、身体の各関節を開いて、筋(すじ)を伸ばし、全身をつなげ、より明確に使用できるようにしていきます。

八卦掌の順勢掌
八卦掌による伸筋抜骨

シルエットにすると、イメージを掴みやすいかもしれません。

カンフーポーズのシルエット

外形と内形を一致させる

では、どのように内形(内側の骨格)を作っていけば、良いのでしょうか?

その答えが站樁や走圏にあります。

内側を整えるためには、外形を整えて、内外を一致させていくしかありません。

そのために、站樁を組み、走圏を行う際に、先生に姿勢を修正してもらう訳です。

伝統的な門派ほど、站樁や走圏に時間をかけるのは、そのためです。

このように、伝統の太極拳や八卦掌では、站樁や走圏の練習により、内外を合一させ、武術の動きをするのに必要な【内形】を形成していきます。

本項は内形(骨格)について紹介しましたが、外形(型枠)も非常に重要な意味があります。説明は後述します。

太極拳の内功とは?

では次に、太極拳の内功の意味について説明し、具体的にどのように内功を身に付けていくのかを説明していきたいと思います。

太極拳の内功とは、上述した内形(武術としての骨格)を身体の内面の動きを使って操作する事を言います。

内功は大別すると3種類あり、またこれらの内功は、実際には密接に連動します。

3種類の内功
  1. 動力源としての内功
  2. 動力を直接的に伝達する仕組み
  3. 旋回運動により、方向を転換する仕組み

(1)動力源としての内功

動力源としての内功は、車で言えば、エンジンという事になります。自転車の場合は、ペダルを漕ぐ脚力という事になるでしょう。

太極拳の動力源として、エンジンのをイメージするイラスト
動力源としての内功は、車で言えば、エンジンにあたる

車のエンジンは、 シリンダー内で、吸気→圧縮→燃焼→排気 といった4つのサイクルを繰り返し行う事によって、動力(圧力、爆発力)を作ります。

実は太極拳の場合も、身体内(特に腹腔内)を膨張させたり、圧縮させたりして、ほぼ同様の方法で圧力を形成します。

起勢(チーシー)動画

動力源としての内功を養成する起勢

スマホで動画を見る場合は、横向きにして、画面右下のマークをクリックし、全画面表示にてご覧下さい。

動力源としての内功を形成する、もっとも基礎的な練功法は、起勢です。

起勢は、太極拳の套路(型)の一番最初に出てくる動作です。

太極拳を学んでいる方であれば、どなたでも知っていると思います。

ただ、色々な方の起勢を見ていて思うのは、膨張はできているのですが、圧縮ではなく、収縮してしまっている方がほとんどだという事です。

収縮して(しぼんで)しまうと、太極拳に必要な圧力を体内で発生させる事ができず、文字通り形だけ(からっぽ)という事となります。

また起勢では、圧力を発生させるだけでなく、下方への按勁(押さえる力)の養成が求められます。

動画を見て頂くと、私が何かを吸い上げ(吸気)ていたり、(圧縮)しているのは感じて頂けると思います。

言葉で説明すると簡単なようですが、太極拳の要訣の範囲内での極限の膨張と圧縮が行えるよう、身体の機能を時間をかけて改善していく必要があります。

また、他の練功法(当門の場合であれば、白猿献果や白蛇吐信、下沈掌など)を学ぶ事により、より圧縮濃度を高め、より高性能なエンジンへと進化させていきます。

そして太極拳の全ての技法は、起勢の発展形であるという言葉も付け加えておきます。

(2)動力源を直接的に伝達する内功

では、次に伝達経路としての内功について説明してみたいと思います。

本項の冒頭で、太極拳の内形について紹介し、(1)で太極拳の動力源(エンジン)である内功について説明しました。

車で言えば、タイヤやフレームなどの骨組みとエンジンがあります。

ところが、そのままでは車は動きません。

エンジンで発生させた動力を、タイヤへと伝達する仕組みが必要です。

自転車の場合であれば、チェーンに当たる部分です。

機械の歯車のイラスト
様々な歯車の組み合わせによって力を伝達する

太極拳の場合も、(1)で発生させた動力を、身体の末端(主として手先)へと伝達させる仕組みを身体の中に作っていきます。

具体的には、(1)で発生させた動力を上下、前後、開合など、内形と内功を直接的に連動させる仕組みを作っていきます。

いわゆる太極拳の基本功を習得していく段階です。

この段階では、前述した内形(骨組み)を直接的に操作する感じです。

上下へ力を伝達する内功

では、まず上下へと力を伝達する内功と共に技法を紹介していきましょう。

白猿献果(はくえんけんか)
太極拳の基本功を練習する写真
太極拳の基本功 白猿献果

当会の基本功である【白猿献果】は、起勢の発展形となる練功法です。

起勢で得た、折畳の仕組み(内功)をより拡大させ、武功としての練習法となります。

下按(下方へ押さえる力)だけでなく、上方へ向かう力も養成します。

下の動画は、基本功ではなく技法としての白猿献果です。

ボクシングのアッパーカットのように、すくい上げるのではなく、身体内で生じた力を直接的に上方へ発しているのが分かると思います。

太極拳の基本技法である白猿献果による打法
八卦掌 内功 穿掌(せんしょう)

続いて紹介するのは、八卦掌の代表的な技法でもある穿掌です。

穿掌というと、突き刺すイメージが強く、勢いをつけて飛び込むように打つ方も多いと思います。

当門の穿掌の場合は、まず上下動の内功を身に付け、そこで生じた力を歩法で前方へと運びます。

八卦掌 穿掌

穿掌は、攻撃だけでなく、攻撃的な防御としても多用されます。

八卦掌 劈掌(へきしょう)

最後に、下方へと力を発する代表例として、八卦掌の劈掌を紹介します。

八卦掌 劈掌

劈掌は、いわゆるチョップ、手刀の斬り落とし動作です。

ただし、ただ単に手を振り落とすのではなく、あくまで上下に力を発する仕組み(内功)を形成した上で、斬り落とします。

後半は、穿掌から劈掌へとつなげています。

前後に力を伝達する内功

では次に、前後へと力を伝達する内功を紹介しましょう。

青龍探爪(せいりゅうたんそう)
太極拳の基本功である青龍探爪の写真
青龍探爪(双按)の落式

青龍探爪は、起勢や白猿献果で生じさせた圧力を前方へと運ぶための基本功です。

下按を前按(前方への押し出す力)へと変換するための練功法と言えるでしょう。

青龍探爪(双按)の動画

青龍探爪(双按)の外見はシンプルですが、内面では非常に複雑な作業をしています。

ちなみに動画を見ると、身体を波立たせているように見えますが、真似して波立つように行うのはNGです。

外見を真似してごまかすのではなく、何万回といった練習を積み重ねる事によって、現実的に前方へと力を按出する仕組みを作っていきます

基本功の青龍探爪の仕組み(内功)を歩法を用いて前方へ運ぶと、楊式太極拳の如封似閉(双按)となります。

楊式太極拳 如封似閉(双按)

前述した「青龍探爪の仕組み」が内包されているのを感じて頂けるでしょうか?

外形(鋳型)に身体を当てはめ、身体内で生じさせた力を、一切ロスさせる事なく前方へと運びます

また、前方だけでなく、手前へと引き寄せる力も養成します。穏やかな外見とは裏腹に、非常にきつい練習法です。

太極拳に限らず、武術として学ぶ場合は、前後の力は必要不可欠となります。

八卦掌の内功 双撞掌(そうどうしょう)

八卦掌の前方へと力を伝達する功法として、双撞掌を紹介します。

八卦掌 双撞掌

太極拳の青龍探爪と見比べてみて、どのような印象をお持ちになるでしょうか?

青龍探爪は、圧縮しながら前方への力を生成しますが、撞掌の場合は、下方へと沈めた力を腰背部を通し、直接的に両腕へと伝えます。

重たい物を持ち上げているような意念を用いています。八卦掌の特徴的な技法です。

前後系の力は、太極拳と八卦掌の違いが、顕著に表れています。

内功による開合動作

続いて、内功による開合動作を紹介します。

当門の太極門に伝わっている開合動作は、大鵬展翅や纏絲勁を用いた開掌、陰陽開合手などがありますが、

ここでは、もっともシンプルに開合動作を表現している八卦掌の開掌を紹介しましょう。

八卦掌 開掌(カイジャン)
八卦掌の基礎的な内功である開掌

開掌は、文字通り両手を開く動作ですが、単に両手を開いている訳ではなく、身体の深層部で生じさせた力を両腕へと運ぶ練功法です。

まさに、全身を用いて開いている掌という事になります。

この段階の練習方法は、大鵬展翅(上下)や托天掌など様々なものがあり、発展形となる練功法もいくつもありますが、別の機会に紹介したいと思います。

(3)旋回運動により、方向転換する内功

3つ目は、(1)や(2)で発生させた動力を旋回運動により、力の方向を変える内功です。

力の方向を変える方法自体は、大別すると、2種類あり、一つは、伝達させる仕組みは、(2)のままで、歩法によって進行方向を変えるものです。

車で言えば、エンジンからタイヤへと力が伝達する仕組みは変わらず、ハンドルを回す事で、タイヤの向きが変わり、直線だけでなく、右折したり左折したりする事ができます。

また、バッグギアに入れる事で、後退する事もできます。

車の運転席の写真
車のハンドルを回す事により、右折や左折が可能

太極拳の場合も、前方へと進む上歩や後退する下歩、斜めやジグザグに進む三角歩や斜行歩などがあり、基本的な力の伝達構造(勁道)は、そのままで、歩法によって方向を変えます。

ジグザグに進む形意拳の虎形楊式太極拳の摟膝拗歩をイメージすると、分かりやすいかもしれません。

これに対して、もう一つは、身体内で旋回運動を行うものです。

少し詳しく説明すると、工事現場などでシャベルカーが土を掘ったり、トラックの荷台に土を運んだりするのを見た事があると思います。

シャベルカーがアームを伸ばし、つ土を掘る写真

シャベルカーの動力源も(1)のエンジンです。

エンジンで生じたエネルギーを、油圧を通じて、アームを伸ばしたり、スコップを動かしている仕組みが(2)となります。

当会の基本功で言えば、それぞれの動作を単独で行うのが一元、これらの動作を組み合わせたものが二元の功法となります。

特に土を掘る際のアームを伸ばして、土を掘り、手前に引き寄せてくる動作は、二元の黄龍出水にそっくりですね。

シャベルカーがトラックの荷台へ、車体を旋回させて、土を運ぶ写真

次に、掘り出した土を車体を旋回させて、トラックの荷台に運ぶ動作が(3)の旋回する仕組みとなります。

当会で言えば、三元の功法となります。

楊式太極拳 単鞭(たんべん)

太極拳の動作で言えば、単鞭の動作に良く特徴が出ています。

動画で見てみましょう。

楊式太極拳 単鞭

一旦、右手へと力を運び、その力を体を旋転させながら、左手に運んでいます。

勾手の形がスコップに似ていますし、ある意味、シャベルカーそのもののようです。

単鞭について詳しくは、こちらのページで解説しています。

楊式太極拳 野馬分鬃(のまぶんそう)

続いて、同一の原理を表現している楊式太極拳の野馬分鬃の動作も見てみましょう。

楊式太極拳 野馬分鬃

野馬分鬃の場合は、開合の開く力が根底にあり、開く力(開掌の力)を旋回運動によって運んでいます。

この旋回運動も、大別すると平円と立円があり、野馬分鬃の場合は主として平円を、単鞭の場合は立円を主体としています。

陳式太極拳 基本功 双圏手(そうけんしゅ)

この段階の内功の練習法には、様々なものがありますが、代表的なものとして陳式太極拳の双圏手(そうけんしゅ)を紹介しましょう。

陳式太極拳 基本功 双圏手(順纏)

双圏手は、両手の円運動と身体を連動する仕組み(内功)を作り、そこで生じた力を前後へと運ぶ練功法です。

双圏手には、順纏と逆纏があり、順纏の動作から生じる技法としては、楊式太極拳の攬雀尾、陳式太極拳の懶扎衣六封四閉単鞭などがあります。

陳式太極拳 基本功 双圏手(逆纏)

逆纏の動作は、順纏の円運動を逆回転させたもので、陳式太極拳の金剛搗碓や楊式太極拳の下勢から金鶏独立などの技法が生じます。

八卦掌 内功 葉底蔵華(ようていぞうか)

この項目の最後に八卦掌の代表的な旋回運動である葉底蔵華を紹介しておきます。

八卦掌の内功 葉底蔵華

葉底蔵華は、技法としての意味もありますが、八卦掌の旋回する内功を養成する重要な練習法です。

ここでは、葉底蔵華で生じた力を、分水掌→鷹勢転身へとつなげています。

このように、太極拳や八卦掌の技法は、今回紹介した3つの内功を組み合わせ、内面的には非常に複雑な動きを要求されます。

纏絲勁(てんしけい)

そして、これらの内功を組み合わせた上で、ドリル上の力に変換したものを纏絲勁(てんしけい)と言います。

纏絲勁というと、陳式太極拳の専売特許のように思われていますが、実際には太極拳の全ての動作に大なり小なり含まれています。

太極拳の纏絲勁 楊式太極拳 攬雀尾(らんじゃくび)

太極拳の纏絲勁の代表例として、順纏の動作を発展させた楊式太極拳の攬雀尾の単操を紹介しましょう。

楊式太極拳 攬雀尾

纏絲勁を用いたドリル上の力を循環させているのが見て取れると思います。

八卦掌の纏絲勁 養成法 雲片掌(ユンペンジャン)

八卦掌にも纏絲勁の練習法は数多くありますが、ここでは雲片掌を紹介します。

八卦掌の纏絲勁養成法 雲片掌

雲片掌は、前述した葉底蔵華を発展させた練習法で八卦掌の纏絲勁の養成と共に、体の柔軟性も高めます。

ここまで説明した通り、内功というのは、神秘的なものではなく、一言で言えば、身体を機械化するための仕組みの事を言います。

その勁を発する仕組みが、外見からは見ても分かりませんし、基本的には人を選んで教えるので、一般的には神秘的に見えてしまうのでしょうね。

また当然ですが、その仕組みを学んでも、活用できるまでには、長い練功期間が必要となります。

当会の場合は、(1)の動力源や(2)の直接的な伝達の仕組みは、一元や二元の基本功にまとめられており、(3)の旋回する仕組みは、三元~五元の功法となっています。

ただし、より効力を高める功法については、やはり人を選んで指導しています。

套路(型)を学ぶだけでは、外見(外形)を真似する事はできるかもしれませんが、功法(内形)については、やはり、それが伝わっている門派でなければ、習得は難しいように思います。

当会の樁功や基本功についての概要は、【練習体系】 のページでも紹介しています。

当会の太極拳や八卦掌に興味を持たれた方は、【受講案内】のページをご覧下さい。

内功についての第二部へ

内功についての第二部では、以下の内容について、詳しく解説しています。

  1. 内功による瞬発力の習得(発勁)
  2. 内功を用いた連続技法(連撃)
  3. 内功による化勁
  4. 攻防一体の実現(線撃)
  5. 内功による健康面の充実
  6. 内功を身に付ける事の最大のメリットは?
  7. 内家拳の芽

内功についての第二部は、 をクリックして続きをご覧下さい。

1 2
太極拳のオンラインレッスン

太極拳のオンラインレッスンについては、下記ページをご覧下さい。

体験のお申込みは、こちらから↓
TOPページへ戻る

トップページへ戻る場合は、下記ボタンをクリックして下さい。