指導員プロフィール

楊式太極拳 攬雀尾の画像
楊式太極拳 攬雀尾

当ページでは、当会代表の略歴を紹介します。

代表者略歴

小・中学校時代は、剣道を4年間学ぶ。高校時代は、ラグビー部に3年間在籍。

高校時代より、格闘系のプロレス団体U.W.Fの影響により、総合格闘技系や打撃系の格闘技の練習を始める。

また同時に少年時代の剣道の影響からか、太極拳などの中国武術に興味を持ち始め、1990年頃より、楊式太極拳や陳式太極拳を実際にいくつかの道場で学び始める。

以下、代表的な入門時期と略歴を述べる。

中国武術(太極拳や八卦掌)への入門歴

1995年 9月 中国武術 自然道場の鄭志鴻老師の下で、【楊少候系の古伝太極拳】を学び始める。

楊少候系古伝太極拳の写真
楊少候系古伝太極拳 野馬分鬃

1997年 日本人中国武術家 N師の下で、内家拳(特に楊式太極拳)の根幹的な修行を始める。

2001年頃より、個人的に数名の弟子を取り、教え始める。

2003年 8月 伝統太極拳 湧泉会(当会)を発足。

2007年 6月 自然道場の鄭志鴻老師に【宋長栄派の八卦掌】を学び始める。

2007年 9月 李保華老師に【馬貴派八卦掌】を学び始める。

馬貴派八卦掌 龍形走圏の写真
馬貴派八卦掌 龍形走圏

2010年 4月 馬貴派八卦掌 太宰府錬功会を発足。現在、福岡八卦掌研究会と改名。(福岡八卦掌研究会のホームページ)

2010年11月 陳式小架門の伝人と知り合い、その指導を受け始める。

2012年 7月 鄭志鴻老師に【古伝太極剣56式】を学び始める。

2013年 2月 鄭志鴻老師に【程廷華派老八掌】を学び始める。

2014年 6月 李保華老師に【八卦64大刀】を学び始める。

2014年 7月 鄭志鴻老師に【36式太極刀】を学び始める。

2014年10月 陳式小架門に伝わる【梨花槍】を学び始める。

2015年 2月 鄭志鴻老師に【武当龍門十三槍】を学び始める。

2016年 5月 陳式小架門に伝わる龍行剣を学び始める。

現在に至る。

※ 職業武術家以外の老師のお名前は、伏せさせて頂きます。

中国武術歴27年、指導歴17年。

これまで学んだ太極拳や八卦掌と武器術を統合し、伝統的な練習体系を基に、より効果的な練習法を構築しつつ、後進へ指導をしています。

座右の銘

  • 継続は力なり
  • 鉄は熱いうちに打て
  • 一粒の籾として、次の春(世代)の種となるように。

新サイト開設に寄せて

湧泉会のサイトも、いつか作り直さなければと思っていましたが、今年(2019年)元号が令和に変わるという事で、ようやく重い腰を上げる事ができました。

新サイトの開設に寄せて、ここ数年の出来事と今後の方針について述べさせて頂きます。

激動の三年間

当会は2003年に発足し、多い時は週に5つの教室を運営してきましたが、2015年から2017年の3年間は、まさに激動の時代だったと思います。

週2回練習していたメインの練習場が自治会の都合で使えなくなり、ほぼ同時期に10年以上使用していた中学校の武道場も、他団体のマナーが悪くなり、使えなくなりました。

つまり全ての教室で、定期的に練習できる場所がなくなってしまいました。

道場運営としては、定期的な練習場所の確保ができないのは、致命的です。

それからの3年間は、使える場所を見つけてきては、使えなくなるの繰り返しで、毎週のように練習場所が変わるジプシー道場の状態でした。

この時期に離れていった方も多かったし、私自身も指導をするというよりも、毎週の練習場所を確保するのに手いっぱいで、この時期に入門してきた方には、落ち着いた指導をする事ができずに、申し訳なかったと思っています。

私も、もう続けていくのは難しいかなと思った事が何度もありました。

それでも残ってくれた方々もいましたし、私の代わりに施設の代表者になってくれた方や、毎月施設を借りに行ってくれた方、また私の代わりに謝罪に行ってくれた方々のおかげで、ようやく2018年頃から、以前のように練習場所を確保できるようになりました。

私一人の力ではどうしようもなかったし、協力してくださった皆様には本当に感謝しています。

いま考えれば、運営も全て一人で行っていた頃の私は、いま以上に傲慢な人間だったように思います。

逆境の中で身体が変わった

そして、この3年間は、私個人にとっても色々と変革のあった時期でした。

当会の練習体系の根幹的な部分を指導してくれた師父がお亡くなりになりましたし、20年以上にわたって指導して頂いた鄭志鴻老師も中国へ帰国されました。

また、他に学んでいた教室へも、諸事情が重なり通えなくなりました。

指導を受けるという事がなくなり、インプットが完全に途絶えた状態となりました。

このインプットがなくなった事、そして教室の運営が危機的だった中でも練習だけは続けていた事。

この2つの要因が重なった事で、2018年頃から私自身の動きが劇的に変わり始めました。

内功による瞬発力

典型的な例としては、【内功による瞬発力】が使えるようになった事が大きいと思います。

内功による瞬発力は、亡くなった師が見せてくれていたのですが、2017年以前は、まだ発する事ができなかったと思います。

内功による瞬発力の特徴は、身体内の仕組みが全て噛み合う事で、予備動作の全く無い状態からでも、突発的、瞬間的な力が出せるようになります。

内功による瞬発力 太極拳 双按

また内功による瞬発力を用いて、太極拳の各技法も使い方が分かるようになりました。

内功による瞬発力を用いた太極拳の単鞭

陳式太極拳の演武などで見かける、「発勁」とは、かなり違うように思います。(もちろん人によります)

またもう一つの特徴としては、二連打、三連打といった連撃の動きも、全て一挙動の中で行う事ができるようになります。

一挙動での線撃

2018年に開門拳の用法を日曜クラスで公開しましたが、あのような上下や左右の切り返し動作も、以前はできませんでした。

自分自身ができるようになった事で、初めて公開する事にしました。

上下の切り返し動作を用いた金剛搗碓の用法例

内功による瞬発力は身体を動かす仕組みができてからでないと、真似をするとケガをする可能性もありますので、安易に真似をしないようにお願いします。

内功についての詳細は、【内功について】のページで紹介しています。

これからの当会は?

もう17年やってきましたから、私個人の会ではなくなってきていると思います。

私個人は、今後も技術の追求をしていきますし、そのような指導しかできないと思いますが、会員さん達は、それらを基に各自の目標に活かしてもらいたいと思っています。

全員が私のコピーになる必要はありませんし、目的も違うでしょうからね。

ただし、根幹の部分だけは外れないように、今後も継続して指導していきたいと思います。

これから学びに来る方に

これから当会への入門を考えている方達には、太極拳を本当に身に付けるのには、とにかく時間がかかりますと伝えておきたいですね。

理由は、太極拳の本質である内功は、身体を動かす仕組み自体を変えていく作業ですし、同時に骨格や腱などの肉体も武術用に変えていかなければなりません。

骨格自体が変わっていくのには、やはり何年もかかるでしょう。

小手先の技術(ソフト)ではなく、肉体(ハード)そのものを変えていく作業です。

当会の概要については、【湧泉会の特徴】のページをご覧下さい。

悩んでいても始まらない

ただし、悩んで躊躇していても、何も変わりませんから、始めるなら、なるべく早く始めたほうが良いでしょう。

同時に功を焦らない事、すぐにできるようになる訳ではないですから、地道に少しずつ身体を変えていく必要があります。

人生の転機で諦めないこと

人生には、様々な転機があります。

就職したり、転職したり、転勤になったりですね。

結婚したり、子供ができたりといった事もあるでしょう。

そういった転機に武術をやめてしまう方が非常に多い。

それはもったいないと思います。

道場には来れなくなるかもしれませんが、練習だけは続けていてほしい。

いつ芽がでるかは、誰にも分かりませんからね。

そして、また時間ができたら、ぜひ道場に顔を出してもらいたいし、時間が合わなければ、個人指導などの相談にも今後はのっていきたいと思っています。

会員さん達に、居場所を作ってもらったので、今後も私はここにいるつもりです。

平成31年4月吉日

湧泉会代表 竹下和良

当会で学んでみたい方は、まず【受講案内】のページをご覧下さい。

体験のお申込みは、以下のボタンからお願いします。

体験の申込は、こちらから

2020年 コロナウィルス禍で感じた事

当サイトを開設してから、一年の月日が過ぎた頃、日本に限らず世界中が大変な事になりました。

そう、新型コロナウィルスの感染拡大です。

当会も3月の上旬から5月いっぱいまで、約3ヶ月間、教室での活動を自粛する事となりました。

この間、私も必要最低限の外出以外は、ずっと巣ごもり状態だった訳ですが、これで社会は随分と変わっていくのだろうなと感じていました。

何しろ、人と人とが会うのを避けるようになりましたからね。

これからは、大勢の人が集まる場所というのは、次第に無くなっていくような気がします。

誰が感染しているのか分からないですからね。

通勤や通学に使っていたバスや電車も、会社にしても、安全ではなくなりました。

これからは、集合体ではなく、個人の時代が来るような気がします。

システムエンジニアなど、元々テレワークが可能な職業の方は、個人で独立して仕事を請け負うようになるでしょうし、

営業の仕事も、個人で色々な仕事を営業してきて、それぞれの会社に受注するような時代が来るのではないでしょうか。

飲食業も大規模な店舗を構えていても、維持費がかかるだけですから、キッチンだけで、宅配やテイクアウトを中心にしたほうが良いかもしれません。

とにかく小規模で、時と状況に応じて、素早く変化ができないと、生き残れない時代がくるように思います。

我々の業界も、大勢で集まって練習するというのは、あまり好ましくない状況となりました。

太極拳のオンラインレッスンを始める

そのような状況の中で、一つの試みをして、太極拳のオンラインレッスンを始めてみました。

3月が一度しか練習ができませんでしたからね。その補填分として、まずは会員の方を対象に行ってみました。

システム自体は、難しいものではなく、昔からあったビデオ通話です。

スマホかWEBカメラ付きのパソコン、あとはZOOMかLINEのアプリをインストールすれば、誰でもできます。

実際にやってみた感想としては、基本的には教室でやっている事とほぼ同じでした。

私が規範を示した後に、生徒達にやってもらって、注意点や改善点を与える。

教室で教えるよりも、一人一人の動きをズームアップして見れますから、その点は逆にオンラインのほうが良かったです。

ただ難点を言えば、教室だったら、直接手の位置を直したりできるのですが(コロナウィルス禍では、直接手を触れるのはNGですが)、それができないもどかしさはありました。

そういった点を補うために、スマホのカメラを利用して、足の角度をアップで撮影したり、上半身だけ、あるいは角度を変えて撮影するなど、色々と試行錯誤もしてみました。

結果としては、本当に学びたいという方がいれば、オンラインでの教授も可能と判断し、正式にオンラインでの受講を募集する事にしました。

何しろ、完全に三蜜を防ぐことができますからね。指導者にとっても、受講者にとっても安心・安全です。

今後は、オンラインレッスンの受講者のみが閲覧できる動画の撮影も行っていく予定です。

オンラインレッスンの最大の強みは、日本全国どこからでも受講できるという事だと思います。

以前から、関東や関西のほうで教えている所はありませんか?との問い合わせもありましたから、オンラインレッスンに興味がある方は、以下のページをご覧下さい。

何のために太極拳を学ぶのか?教えるのか?

もう一つ、この時期に考えていた事は、何のために太極拳を学んできたのか、そしてなぜ太極拳や八卦掌を教えているのかという事です。

私自身は、やはり武術として強くなりたかった。それも若い時だけでなく、年月を積み重ねていく事で、向上していく、そういったものを学びたくて太極拳を選びました。

ただ、今から30年近くも前の事ですから、なかなかそういった先生はいなかった。

だから、日本中を周って探しました。(中国まで渡って学んだ方々は、尊敬します)

そして、30年近くの年月が過ぎ、20代の頃より、速く、強い突きを現実的に打てるようになりました。

内功を用いた陳式太極拳 演手捶

また、以前は使えなかった化勁や連撃といった師の技も使えるようになりました。

技法の一部は、【太極拳の実用性についての研究】のページで公開しています。

現時点でも、次々と発想が生まれ、技法は日々進化していっています。今後も自分自身は、精進を続けていくつもりです。

そして、自分は、なぜ太極拳を教えているのかについても、改めて考えてみました。

一つは、生活資金の糧といった部分も現実的にはあります。

ただ、それだけじゃない。

やはり、自分自身が本気で取り組んできた事を、同じ価値観を持って学んでくれる人を求めているのでしょうね。

私は、商売として武術を教えられる人間ではありませんから。

同時に、同じ価値観を持って学んでくれる方であれば、もう太極拳とか八卦掌とか、武術とかの枠に留まっている時代でもないのだなとも感じています。

以下は、ある日のツィートです。

これは、この番組を見ていて、本当にそう思いましたね。

ブランクを埋めようと、必死にあがいている感じでしたけど、身体のほうが悲鳴をあげている感じがしました。心もかな。

水泳なんかでも、太極拳の身法を用いてやれば、一般的なものとは、ずいぶん違ったものになるような気がするんですよ。

元金メダリストですから、相当の努力もするでしょうしね。

今後は、他の武道やスポーツで、限界を感じている人とか、伸び悩んでいる人がいれば、協力したいという気持ちもあります。

教室とは、教える内容が異なるから、個人指導という形になるでしょうけどね。

条件は、熱い気持ちがあるならです。

もし、そういう方がいれば、連絡してきてほしいですね。