ブログ

当会で指導している太極拳(陳式、楊式、古伝)

太極拳には(陳式、楊式、呉式、武式、孫式)などの伝統太極拳と近代に制定された制定拳があります。

当ページでは、当会で指導している太極拳の種類について紹介します。

陳式太極拳(老架式)について

陳氏太極拳 乱扎衣の演武写真
陳氏太極拳 乱扎衣

陳式太極拳は、河南省温県の陳家溝という村の陳一族に伝わってきた太極拳です。

現在、世界中で広まっている全ての太極拳の源流と言われています。

後に有名になった陳発科老師によって北京でも広まりました。

日本では、台湾経由の陳氏太極拳が紹介され、逆輸入という形で中国でも知名度が上がりました。

陳氏太極拳の特徴

元々は、陳家溝の村民が外部からの侵略に対して、村を護るために練習してきたため、剣や刀、槍、春秋大刀などの武器術が多く伝わっています。

纏絲勁(てんしけい)を用い、震脚や瞬間的な発勁動作、あるいは跳躍動作などが含まれているのが特徴です。

当会の陳式太極拳は、陳家溝系や北京系の老架式を主体としていますが、特に刀術との関連が強く独特の練習体系を有しています。

陳式太極拳の演武写真

陳式太極拳 乱扎衣の写真
陳式太極拳 乱扎衣

陳式太極拳 斜行単鞭の写真
陳式太極拳 斜行単鞭
女性会員による陳式太極拳の演武写真
女性会員による陳式太極拳
会員達による陳式太極拳の写真
会員達による陳式太極拳
陳氏太極単刀の写真
陳氏太極単刀

陳式太極拳の演武動画

陳式太極拳 老架式の動画

楊式太極拳について

楊式太極拳 攬雀尾(リー勢)の画像
楊式太極拳 攬雀尾(リー勢)

楊式太極拳は、陳長興に学んだ楊露禅が伝えた太極拳で、後に孫の楊澄甫により河北省をはじめ、上海、広州方面にまで広く広まりました。

現在、日本で広く練習されている24式太極拳は、楊式太極拳を基に編纂されています。

動作は大きく伸びやかで、ゆったりとしていて、世界中で最も普及している太極拳です。

当会では主として大架式系の套路を学んでいます。

楊氏太極拳の特徴

楊氏太極拳は、外見はゆっくりと穏やかですが、内面を見ると、一切の遊びが無く、まさに内功の太極拳といえます。

また実用面に関しても、内功が完成してくると、一挙動での二連打や三連打も可能となり、見た目とは裏腹に優れた技撃性も有しています。

当会の特徴としては、基本の単式練習が非常に多く伝わっており、歩法を含めた基本練習から、套路に含まれる応用的な技法の練習も行っています。

また56式太極剣36式太極刀などの武器術も段階的に学んでいきます。

楊式太極拳の演武写真

楊式太極拳 攬雀尾 ポン勢の写真
楊式太極拳 攬雀尾(ポン勢)
楊式太極拳 単鞭の写真
楊式太極拳 単鞭
楊式太極拳 提手上勢の写真
楊式太極拳 提手上勢
会員の楊式太極拳の演武写真
会員の楊式太極拳の演武

楊式太極拳の演武動画

楊式太極拳の動画

楊式太極拳小架式(楊少侯系古典式太極拳)について

古典式太極拳の写真
古典式太極拳 野馬分鬃

古伝太極拳は、楊露禅→楊健候→楊少候→馬潤芝→劉振山→閻世興→鄭志鴻老師へと伝わった楊少候系の太極拳です。

古伝太極拳118式の特徴

古伝太極拳の特徴は、三体式を基盤とし歩法は跟歩を用います。

基本的に上体は不動で踵を軸にした転身動作を行うのが特徴です。

鶴、虎、熊、麒麟、亀、猿などの動物の意を用い、全ての招式に蹴法が隠されています。

かなり独特な風格を持つ太極拳です。当会代表は1995年より学んでおり、もっとも愛着のある太極拳だそうです。

楊式太極拳小架式の演武写真

古典式太極拳 攬雀尾の写真
古典式太極拳 攬雀尾
古典式太極拳 単鞭の写真
古典式太極拳 単鞭 起勢
古典式太極拳 白鶴亮翅の写真
古典式太極拳 白鶴亮翅
古典式太極拳 下勢の写真
古典式太極拳 下勢
古典式太極拳 撲面掌の写真
古典式太極拳 撲面掌
古典式太極拳 当門砲の写真
古典式太極拳 当門砲

当会で指導している太極拳について

今回は、当会で指導している太極拳を紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

実際は、太極拳の種類だけでなく、各門派ごとに、どのような練習体系があるかのほうが重要だと思います。

当会で指導している【八卦掌の種類】については、下記ページをご覧下さい。

当会で指導している【武器術の種類】については、下記ページをご覧下さい。

当会へ入会を希望する方は、まず【受講案内】をご覧下さい。

普段の練習内容は、【練習風景】のページをご覧下さい。

ブログランキングに登録してみました。
記事が参考になった方は、応援して頂けると幸いです(^人^)

にほんブログ村 格闘技ブログ 太極拳へ

体験のお申込みは、こちらから↓
TOPページへ戻る

トップページへ戻る場合は、下記ボタンをクリックして下さい。