福岡伝統太極拳 湧泉会の会員たちによる野馬分鬃の写真、TOPページ用
伝統太極拳と八卦掌の専門教室
マスク着用など、感染予防を徹底し、活動継続中!

福岡伝統太極拳 湧泉会 TOPページ

福岡で太極拳や八卦掌などの中国武術(カンフー)を指導する福岡伝統太極拳 湧泉会の指導員の写真
福岡伝統太極拳 湧泉会の門是「健身と護身、生涯の財産を自分の中に」のロゴ

福岡県筑紫野市と福岡市博多区で伝統の太極拳(楊式、陳式、古伝)、八卦掌(馬貴派、宋派、程派)、古伝太極剣、太極刀等の中国武術を専門に指導している太極拳教室です。 

2003年より活動を始め、19年目になりました。心身の健康と生涯の趣味、そして生涯の友人を作る場として活動しています。

伝統本来の指導法で、太極拳の本質である【内功】を重視した練習を行っています。

福岡伝統太極拳 湧泉会の特徴

太極刀を練習する湧泉会の会員達の写真

当会の技術面、及び指導面には、以下のような特徴があります。

技術面の特徴

当会の技術面の特徴は、以下の4点に要約されます。

湧泉会の技術面の特徴
  1. 内功の養成を目的とした伝統太極拳の練習体系
  2. 太極拳や八卦掌の実用性の研究
  3. 拳法と武器術との共通原理の探求
  4. 生物体本来の健康体の習得

内功の養成を目的とした伝統太極拳の練習体系にこだわり、太極拳の武術的な面についても研究してきた団体です。

その過程で武器術との共通原理を探り、生物体本来の健康体を求め、最終的には【身体芸術】としての太極拳を目標としています。

当会の技術面の特徴については、湧泉会の特徴】のページで詳しく紹介しています。

指導面の特徴

当会の指導面の特徴には、以下のような点があります。

湧泉会の指導面の特徴
  1. 各段階に分かれてのグループ別指導
  2. 各自の状況に応じた指導体制
  3. 必要としている方に必要な指導を

太極拳や八卦掌を正しく習得していくためには、初心者には初心者の、中級者に中級者の学ぶべき内容があります。

そのため、当会では、各段階ごとにグループ別の指導をしています。

また、定例教室に通えない方や遠方の方には、オンラインレッスン個人レッスンでの指導も行っています。

無理に教室の規模を拡げるよりも、本当に必要とされている方に、じっくり指導したいというのが当会の指導方針です。

伝統太極拳とは?

伝統楊式太極拳 攬雀尾 掤勢の写真
楊式太極拳 攬雀尾

太極拳には、健康法や表演を目的として新しく制定された太極拳と、中国の動乱の歴史を乗り越えてきた伝統の太極拳とがあります。

伝統の太極拳には、以下のような特徴があります。

太極拳の内功と戦術

伝統太極拳の最大の特徴は、内功という特殊な体の使い方を、素手の拳法に活用しているところです。

内功と言うと、神秘的な言葉ですが、実際には体を動かすための仕組みの事を言います。

また、太極拳には大別すると、以下の三段階の動きがあります。

  1. 型(套路)の動き
  2. 内功の動き
  3. 技の動き

論より証拠という事で、以下の動画をご覧下さい。

太極拳の内功による動き

陳式太極拳 斜行拗歩

最初にゆっくりと大きく行っているのが、太極拳の(型)の動きです。

次に両手を広げている動きが、所謂、内功の動きとなります。

この技法では、身体内で発生させた螺旋状の力を横方向への開く力として表現しています。

最後に行っているのが、実際の技法としての動きです。

このように伝統の太極拳では、套路で内功(体を動かす仕組み)を養成し、次に内功(仕組み)そのものを動かし、実用時には、よりコンパクトな動きとして用います。

内功については、内功についてのページで詳しく解説しています。

内功による線状の打法

もう一つ、太極拳の内功を用いた技法の特徴は、点ではなく、点と点を繋げた線状の動きとなる事です。

陳式太極拳 金剛搗碓の応用例

上の動画では、右撩陰掌(下陰部打ち)→托掌(下から上への掌打)→右翻捶(裏拳打ち)の三つの技法を連続して行っています。

一つ一つの点ではなく、一連の線の動きとし、かつ一挙動で行っているのが分かると思います。

このように、伝統太極拳の技法は、内功によって生じさせた力を組み合わせ、相手の意識を撹乱し、様々な技法へと発展していく事を特徴としています。

陳式太極拳 金剛搗碓応用例の写真
陳式太極拳 金剛搗碓の用法例

太極拳の武術的な側面については、太極拳の実用性の研究で考察しています。

当会で指導している太極拳や八卦掌の各技法は、技法研究のカテゴリーにて紹介しています。

伝統太極拳の練習体系

太極拳の基本功(大纏絲)を行う会員達の写真

伝統太極拳の練習体系は、前述した【内功】をいかに身に付け、運用し、それを護身術や健康法として活用させるかにあります。

套路(型)のみを学んでも意味はなく、どのような理論と練習体系が伝わっているかが一番重要です。

内功には、上下、前後、左右、開合、螺旋などの基礎的な動きがあり、これらの内功を身に付ける事が伝統太極拳の基本となります。

上下の内功の一例

太極拳 基本功 起勢式(きせいしき)

独特の意念を用いて、身体をポンプ化(後にピストン化)させ、太極拳に必要な力(圧力)を発生させる基本功です。

前後の内功の一例

楊式太極拳 基本功 双按(そうあん)

身体内で発生させた圧力を、重心の移動を伴ない、前後へと運ぶ基本功です。

単なる脱力ではなく、圧力を運用するための仕組みを形成します。

力を運ぶ仕組みや通路が形成される事で、内功による瞬発力を発する事ができるようになります。

伝統の太極拳には、上下や前後以外にも様々な基本功があります。

当会の練習体系については、伝統太極拳の基本と練習体系のページで紹介しています。

太極拳の套路(型)

上記で紹介した基本功や基本技法に習熟した後、套路(型)の習得に入ります。

伝統套路は長いため、ここでは初心者向けに編成した太極拳の型を紹介します。

楊式太極拳 基礎套路

楊式太極拳 基礎套路

楊式太極拳の主要となる9つの基本技法にて編成した基礎套路です。(演武時間2分)

陳式太極拳 基礎套路

陳式太極拳 基礎套路

陳式太極拳のもっとも基本となる全八勢にて構成した基礎套路です。(演武時間1分40秒)

中級者向けの套路(陳式太極拳 老架式など)は、【伝統太極拳の型(套路)】のページで紹介しています。

伝統太極拳については、以下のぺージもご参考下さい。

〇 伝統太極拳の発生と歴史に関しては、伝統太極拳の特徴と歴史で解説しています。

〇 当会で指導している太極拳の種類は、伝統太極拳の種類のページで紹介しています。

〇 伝統の太極拳や中国武術を学んでいく上での、独特な考え方や習慣は、伝統拳を学ぶ上での心得をお読み下さい。

女性会員による陳式太極拳の写真
女性会員による陳式太極拳。正しい理論と練習を積み、女性でも凛(りん)とした太極拳を身に付ける

八卦掌(はっけしょう)とは?

八卦掌の龍形走圏の写真
八卦掌の走圏

八卦掌は、1800年代中期、清の皇族に仕えていた 董海川(とうかいせん)が創始した中国武術の一派です。

穿掌や撞掌など、掌を中心とした技法が多用されるため、八卦拳ではなく八卦掌と呼ばれています。

走圏を中心とした独創的な理論と練習体系を有し、身体を強靭にすると共に技撃的な要素を有しています。

八卦掌についての詳細は八卦掌の特徴と基本のページをご覧ください。

八卦掌の基本功である葉底蔵華(ようていぞうか)。後半は、分水掌→鷹形転身とつなげています。
八卦掌の代表的な技法である穿掌(せんしょう)

八卦掌の技法については、八卦掌の技法のページで紹介しています。

当会で指導している八卦掌の流派は、八卦掌の種類をご覧下さい。

太極剣や太極刀などの中国武器術

陳式太極剣の斜飛勢の写真
陳式太極剣 斜飛勢

太極拳は本来、外部からの侵略に対し、村民を護るために発生してきました。

その過程から武器術との関連性が強く、伝統太極拳や八卦掌は、武器術と共通した原理や戦術を有しています。

太極剣の基本功の一例

太極剣 基本技法 雲片剣(白猿献果)

優雅でありながら、内功と意念を用いて剣を操作する。

〇 太極剣や太極刀の基本は、太極拳の剣と刀の基本のページで紹介しています。

〇 陳式太極剣に特化した、基本功や基本技法は、陳式太極剣の基本のページをご覧下さい。

〇 当会で指導している中国武器術は、中国武器術の種類をお読み下さい。

棍術を練習する男性会員達の写真
中級者には、棍術などの長兵器の指導も行っています。

太極拳教室の受講案内

当会では、以下の3つの形態で太極拳や八卦掌の指導を行っています。

  • 定例教室
  • オンラインレッスン
  • 個人レッスン
会員達による太極拳の推手対練の写真
定例教室での練習風景(会員達による推手対練)

福岡市と筑紫野市の太極拳教室(各月3回)

福岡県筑紫野市と福岡市博多区で、各毎月3回、太極拳や八卦掌の定例教室を開催しています。

教室日時場所
福岡教室 月曜18:30~ 福岡市博多区
筑紫野教室 日曜14:00~ 筑紫野市石崎
定例教室の練習日時

正確な練習日時や場所は、【今月の練習日】のページにてご確認下さい。

各教室の詳細は、【教室紹介】 にて紹介しております。

入会や体験を希望される方は、【受講案内】をご覧下さい。

● オンラインレッスンの概要は、こちらのページをご覧下さい。

● 個人レッスンの概要は、こちらのページをご覧下さい。

太極拳教室の体験申込

古伝太極剣を練習する会員達の写真
古伝56式太極剣

定例教室での学習を希望する方は、初回体験(60分間/2,000円)を受付ています。

初回体験では、実際の太極拳や八卦掌の動きをお見せし、当会で学ぶ上での概要を説明します。

体験の申し込みは、下記、【初回体験申込】のページより、お申込み下さい。

必ず事前の予約をお願いします。

体験の申込

当会の指導員のプロフィールは、こちらのページで紹介しています。

太極拳のオンラインレッスン

定例教室に通えない方や遠方の方にはオンラインでの講習も行っています。

オンラインレッスンの詳細は、こちらのページをご覧下さい。

太極拳のオンラインレッスンの一コマ、楊式太極拳 攬雀尾から単鞭

太極拳や八卦掌の個人レッスン

定例教室に通えない方で直接学びたい方や、武術として本格的に学びたい方には、個人レッスンで対応しています。

個人レッスンの概要は、こちらのページをご覧下さい。

太極拳の分脚の応用例としての膝蹴りの写真
個人レッスンでは、本格的な武術としての太極拳や八卦掌の指導も行っています。

太極拳や八卦掌の最新記事

当サイトの最新記事を紹介します。

記事更新のお知らせ

当サイトでは、本当に必要な記事のみを掲載していくのをコンセプトとしており、気付いた事があれば、随時、記事の加筆改訂を行っています。

白鶴亮翅(はっかくりょうし)のページを加筆改訂しました。1月24日

白鶴亮翅の応用例として、掃脚と相手の蹴りをすくい受ける投げ技を加えました。

伝統太極拳の種類のページを加筆改訂しました。10月2日

太極拳の健康効果についてを加筆改訂いたしました。9月23日

太極拳の実用性についてを加筆改訂しました。9月8日

伝統拳を学ぶ上での心得を加筆改訂しました。8月28日

太極拳 単鞭の研究のページを加筆改訂しました。

単鞭の原型についてや、楊式太極拳 古伝小架式の単鞭の動画も公開しました。

会員の方は、目を通しておいて下さい。

太極拳や八卦掌の最新動画 4月1日更新

当会指導員の太極拳や八卦掌の最新動画を抜粋して紹介します。

手揮琵琶(しゅきびわ)

手揮琵琶の三種の打法応用 掤・抱・托
手揮琵琶の打法応用1 背掌
手揮琵琶の打法応用2 抱掌と托掌

上記の技法の詳細は、「手揮琵琶(しゅきびわ)と提手上勢(ていしゅじょうせい)」のページで解説しています。

摟膝拗歩(ろうしつようほ)

楊式太極拳を代表する技法の一つである摟膝拗歩(ろうしつようほ)

摟膝拗歩の言葉の意味や型の分解動作、用法例は、摟膝拗歩の研究のページで解説しています。

白鶴亮翅(はっかくりょうし)

楊式太極拳の白鶴亮翅は、単鞭→提手上勢に続く動作となります。
白鶴亮翅の打法応用の一例である【劈掌(へきしょう)】

劈(へき)とは、斧を振り落とすように、上から斬り落とすような打法の事を言います。

白鶴亮翅の意味や型の分解動作、他の用法例は、白鶴亮翅の研究のページで解説しています。

太極拳 擺脚(はいきゃく)

太極拳の擺脚の単式練習

擺脚は内側から外側へ円を描く蹴り技の総称です。門派によっては、外旋脚とも呼ばれます。

太極拳 里合脚(りごうきゃく)

太極拳の里合脚の単式練習。

里には、内側、裏側の意味があり、合には合わさる、閉じるの意味があります。門派によっては内旋脚とも呼ばれます。

技法的には、外側から内側に弧を描き、足の内側を使って蹴る技法の総称です。

擺脚や里合脚の用法例など、中国武術(太極拳や八卦掌)の蹴り技の基本概念、種類、使用法を以下のページで紹介しています。

また、中国武術は、拳、掌、背掌、手刀、勾手など、様々な手型を用い、またその使用法があります。

中国拳法の手型と使用法の記事では、各手型の紹介と使用法を解説しています。併せてご参考下さい。

八卦掌の技法

八卦掌(穿掌→撩掌→劈掌)の連打です。

八卦掌について、詳細は八卦掌の特徴と基本のページをご覧ください。

指導員プロフィール

当会の指導員の八卦掌の順勢掌の写真

当会の指導員の略歴については、指導員略歴】をご覧下さい。

当会での学習や体験を希望される方は、【受講案内】をご覧下さい。