ブログ

摟膝拗歩(ろうしつようほ)の研究

楊式太極拳 摟膝拗歩の用法例の写真

今回は、太極拳の摟膝拗歩(ろうしつようほ)の意味や型の分解動作、摟膝拗歩の用法例について紹介します。

摟膝拗歩(ろうしつようほ)の意味

摟膝拗歩の搂(ろう)の意味は、太極拳の書籍などでは、摟膝で、膝をなでる、払うなどの意味で訳されている事が多いようです。

用法的には、相手の蹴りを払い、拗歩で推(押)すという解釈がされています。

ただし、摟には他にも以下のような意味もあります。

摟(ろう)の意味
  1. (すそや袖などを)まくり上げる。托し上げる。
  2. かき集める。寄せ集める。
  3. 引き寄せる。抱き寄せる。

例えば、①の意味では、膝を托し上げるの意味となり、実際、古流の摟膝拗歩では、下の写真のように、膝を引き上げた動作をとります。

古伝太極拳の摟膝拗歩の写真
古伝太極拳の摟膝拗歩。この動作が膝を上げ、すそをまくり上げているようにも見える。

拗歩の拗(よう)は、順の反対と意味です。

拳法的には、前にある手と足がねじれた立ち方。空手で言う逆突きの立ち方となります。

右手を前、左足を前の拗歩を用いる左摟膝拗歩。

摟膝拗歩で、膝を托し上げ、拗歩で立つといった動作を表しています。

②のかき集める、寄せ集める。③の引き寄せる、抱き寄せるの意味は、用法例で紹介しましょう。

摟膝拗歩の動画

楊式太極拳の摟膝拗歩の動画を中心に、陳式太極拳 老架式の斜行拗歩、陳式太極拳 小架式の摟膝拗歩や斜行拗歩を写真で紹介します。

楊式太極拳 摟膝拗歩

楊式太極拳の摟膝拗歩の動画を紹介します。

楊式太極拳 摟膝拗歩

陳式太極拳 老架式 斜行拗歩

陳式太極拳 老架式では、摟膝拗歩の後に、右手で単鞭の動作を行います。

それ故、斜行単鞭の名称で紹介されている事もあります。

陳式太極拳 斜行拗歩の写真
陳式太極拳の斜行拗歩(単鞭)

陳式太極拳 小架式 摟膝拗歩と斜行拗歩

陳式太極拳 小架式の摟膝拗歩の写真
陳式太極拳 小架式の摟膝拗歩は、馬歩で行い、左手は勾手として、後ろに回します。
陳式太極拳 小架式の斜行拗歩の写真
陳式太極拳 小架式の斜行拗歩。左足は斜め前方に差し出し、左手は摟膝拗歩と同じく、勾手にして、後ろに回します。

勾には、かぎ状の物で引っかけるのような意味があり、拳法的には相手の腕や足を引っかけて固定するなどの意味となります。

具体的な使用法は、用法例で紹介します。

古伝太極拳 摟膝拗歩

鄭志鴻老師の古伝太極拳の摟膝拗歩の写真
鄭志鴻老師の古伝太極拳の摟膝拗歩

古伝太極拳の摟膝拗歩は、歩法は弓歩ではなく三体式を用い、実用時は跟歩します。

摟膝拗歩の型(套路)の分解動作

楊式太極拳 大架式の摟膝拗歩の動作を分解写真で紹介します。

摟膝拗歩の型の分解動作1
前式である白鶴亮翅の写真
前式である白鶴亮翅から、右手を小指側へと捻じり込んでいきます。

白鶴亮翅(はっかくりょうし)については、こちらのページで解説しています。

摟膝拗歩の型の分解動作2
右手を下へと払っている写真
そのまま、右手は下へと払い、搂膝の動作となります。左手は、逆に下から上へと托し上げてきます。

この動作を搂手(ろうしゅ)と言い、搂の意味の②にある「近くにある物をかき集める」に当たります。

摟膝拗歩の型の分解動作3
右手を上へと引き上げ、左手は下へと圧している写真
右手は、下から上へと引き上げ、目線は右手へと向かいます。左手は逆に下へと圧していきます。
摟膝拗歩の型の分解動作4
右手は、耳横を通り、前方へと運び、左手は下へと払っている写真
右手は、耳横を通り、前方へと運びます。左手は下へと払い、搂膝の動作となります。
摟膝拗歩の型の分解動作5
左摟膝拗歩の終末動作の写真
右手は前に、左手は下へと按の力を張り、左摟膝拗歩の終末動作となります。

摟膝拗歩の用法

摟膝拗歩の用法例として投げ技を2種と打法を2種、紹介します。

摟膝拗歩の投げ技1

摟膝拗歩の動作で、左肩を持たれた場合の投げ技を紹介します。

摟膝拗歩の用法例1-1
相手が左手でこちらの左肩を押さえている写真
相手が左手でこちらの左肩を押さえてきました。
摟膝拗歩の用法例1-2
左手で相手の左腕を巻き込んでいる写真
即座に左搂手で相手の左腕を巻き込んで、崩します。
摟膝拗歩の用法例1-3
相手の頭部を押さえて、投げている写真
崩した相手を固定したまま、頭部を押さえ投げ倒します。

相手の頭部を押さえる際は、押さえつけるというよりも、スライドさせるように行います。

この技法は、左勾手を用いた摟膝拗歩です。

摟膝拗歩の投げ技2

続いては、相手の蹴りに対しての投げ技を紹介します。

摟膝拗歩の用法例2-1
相手の左前蹴りを左摟膝で払っている写真
相手の左前蹴りを左摟膝で払い受け、
摟膝拗歩の用法例2-2
右摟膝拗歩の動きで投げている写真
そのまま相手の膝を托し上げ、投げ倒します。この投げている動作は、右摟膝拗歩となります。

この技法の場合の搂は、相手の膝を托し上げているの意味となります。

摟膝拗歩の打法応用1

摟膝拗歩の用法例3-1
相手の左拳攻撃を右摟手で巻き込むように受けている写真
相手の左拳攻撃を右摟手で巻き込むように受けます。
摟膝拗歩の用法例3-2
右摟膝で相手の下腹部を打っている写真
相手の右手を左手に持ち替え、そのまま右摟手で下腹部を狙います。

※ 写真では勾手で打ち付けていますが、実際には相手の膝や下腹部をなでるように行い、相手の意識を下に向けます。

摟膝拗歩の用法例3-3
相手を捕らえ、右摟膝拗歩を行っている写真
相手の意識が下に向かった瞬間に、相手を捕らえ、顔面に左掌を放ちます。

この技法は、搂の意味の③にあたる「相手を引き寄せる、抱き寄せる」摟膝拗歩です。

摟膝拗歩の打法応用2

摟膝拗歩の用法例4-1
白鶴亮翅の構えで相手の左拳攻撃を誘っている写真
前式である白鶴亮翅の構えで相手の左拳での攻撃を誘います。
摟膝拗歩の用法例4-2
相手の左拳攻撃に対し、左摟膝拗歩の右手で交差している写真
相手の左拳攻撃に対し、左摟膝拗歩を用い、右手で交差します。

※ 払うというよりも、套路(型)の動作通り、圧力をかけて交差します。

摟膝拗歩の用法例4-3
相手の右拳攻撃を防ぎ、相手の両手を塞いでいる写真
続く右拳攻撃も同様に交差して受け、相手の両手を上下に交差させます。(右摟膝拗歩)
摟膝拗歩の用法例4-4
相手の両腕を封じたまま、右掌を放ちます。
相手の両手を封じたまま、右掌を放ちます。(左摟膝拗歩)

まとめ

今回は、楊式太極拳の摟膝拗歩(ろうしつようほ)の意味や型の分解動作、用法例を中心に紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

摟膝拗歩に関しては、相手の手足を絡めとり、固定した上で密着し、とどめを入れる技法と言えると思います。

楊式太極拳 摟膝拗歩を打ち放った瞬間

摟膝拗歩については、他にも多数用法例がありますので、定期的にこちらのページをご覧下さい。

楊式太極拳の他の技法については、技法研究 楊式太極拳のカテゴリーで紹介しています。

当会に興味を持たれた方は、受講案内をご覧下さい。

摟膝拗歩と関連の強い、以下の技法もご参考下さい。

白鶴亮翅の用法例(掃脚)の写真
白鶴亮翅(はっかくりょうし)の研究太極拳の白鶴亮翅(白鵝亮翅)の意味や型の分解動作(動画)、白鶴亮翅の用法例について紹介しています。...

摟膝拗歩の前式である白鶴亮翅(白鵝亮翅)の意味や型の分解動作、用法例について紹介しています。

楊式太極拳 提手上勢の写真
手揮琵琶(しゅきびわ)と提手上勢(ていしゅじょうせい)楊式太極拳の手揮琵琶(しゅきびわ)と提手上勢(ていしゅじょうせい)の言葉の意味や用法例について紹介しています。...

摟膝拗歩の次式である手揮琵琶(しゅきびわ)や提手上勢(ていしゅじょうせい)の意味や用法例について紹介しています。

今回も、最後までお読み頂きありがとうございました。

ブログランキングに登録してみました。
記事が参考になった方は、応援して頂けると幸いです(^人^)

にほんブログ村 格闘技ブログ 太極拳へ
体験のお申込みは、こちらから↓
太極拳のオンラインレッスン

太極拳のオンラインレッスンについては、下記ページをご覧下さい。

TOPページへ戻る

トップページへ戻る場合は、下記ボタンをクリックして下さい。