ブログ

陳式太極拳 懶扎衣(らんざつい)の研究

陳氏太極拳 攬扎衣の指導員による演武写真
陳氏太極拳 懶扎衣

今回は、陳式太極拳の第一手である懶扎衣(らんざつい)の言葉の意味や型の分解動作、懶扎衣の戦略や戦術に則った用法例について動画や写真を用い、これまでの研究成果を紹介したいと思います。

懶扎衣(らんざつい)の意味

女性会員による陳式太極拳の懶扎衣の写真
女性会員による陳式太極拳 懶扎衣

懶扎衣は、門派によっては、攬扎衣乱扎衣の名称で伝わっています。

私が最初に陳式太極拳に触れた先生の下では、乱扎衣が使われていましたし、後年学んだ古伝小架式の門派では攬扎衣と拳譜に記されていました。

もともと中国では、技法や要訣は口伝として伝わってきたため、発音の似ている字を、当て字として使用している場合があります。

ちなみに楊式太極拳の攬雀尾も「ランチャ(ザ)ーイー」で同じ発音となります。

では、懶扎衣の言葉の意味を考えてみましょう。

扎衣とは?

懶扎衣、攬扎衣、乱扎衣ともに扎衣の文字は共通していますね。

衣は、ころも、衣服と言って良いと思います。

扎は、古い漢字では、紮と書き、要約すると二つの意味があります。

扎の意味
  1. 刺す
  2. 縛る,くくる,巻く,束ねる,結わえる

① 刺す

①の刺すは、刀術などでも扎刀という技法があります。

陳氏太極拳単刀の扎刀写真
陳氏太極拳単刀の扎刀

ちなみに剣の場合は、刺すの文字がそのまま用いられ刺剣と書きます。

扎も刺も、同じ刺すという意味ですが、刺と比べると、扎はぶすっと刺す、貫き刺すといった感覚です。

鍼を刺すの場合も、扎の文字が用いられ、一旦皮ふの抵抗を感じた上で突き刺すといったイメージです。

扎衣で、衣を刺す。相手を刺す、打つという意味になります。

② 縛る,束ねる,結わえる

②の意味だと、相手の衣服を縛って束ねて、動けなくするといったイメージでしょうか。

あるいは、衣を縛る、結わえるとも受け取れます。

またには、からげるという意味もあり、衣服のすそをまくり上げて帯に挟むといった意味もあります。

実際に、懶扎衣の動作には、すその長い中国服(パオ)をまくり上げて帯に挟み込むような動作があります。

衣服をまくり上げて帯に挟み込むような動作である懶扎衣のチー勢の写真
衣服をまくり上げて帯に挟み込むような動作である懶扎衣のチー勢の蓄勢

この姿勢の意味は、懶扎衣の戦略や戦術の欄で説明します。

懶・攬・乱の意味は?

次に、ランの言葉の意味についてもそれぞれ調べてみましょう。

  • 乱…乱す、混乱させる。
  • 攬…(両手で胸元に)抱き寄せる,抱え込む。
    (ばらばらの物を縄などで一まとめに)縛る,くくる。
  • 懶…ものうい(気分が重たい)、ものぐさい(面倒臭い)、おこたる、なまける。

ちなみに樹懶と書いて、動物のナマケモノです。また懶人で無精者といった意味です。

それぞれのランの文字を扎衣に当てはめると、どのようなイメージが湧いてきますか?

乱扎衣

乱扎衣だと、相手を混乱させて、かき乱して、打つ。

あるいは、混乱させた上で拘束するといった技法でしょうか?

実際に懶扎衣には、四正手のポン、リー、チーを用いて、相手を撹乱させる用法もあります。

攬扎衣

攬扎衣だと、相手を引き寄せて打つ。

あるいは拘束した上で打つ、拘束して捕らえるといったイメージになります。

懶扎衣

懶扎衣だと、直訳だと意味がつながらないですが、懶には形容詞として動作が鈍いといった意味もあります。

一つの例としては、ゆったりと衣服をまくり上げ、帯に挟んだ状態で、敵を誘うさまといった解釈もできると思います。

実際に、この技法の創始者が、どの文字を使っていたかは分かりませんが、皆さんも、コロナウィルス禍で練習ができない時に、色々と調べてみると良いと思います。

私なりの解釈としては、懶扎衣という技法は、ゆったりとした動きで相手を誘い、もしくは四正手を用いて翻弄し、捕捉した上で、とどめ刺す。

そういった技法として捉えています。理由は、用法例で後述しましょう。

懶扎衣の套路(型)の動画

以下の動画は、当会で指導している陳式太極拳 懶扎衣の基本架式です。

陳式太極拳 懶扎衣の動画

一般的な老架式や新架式の架式と比べると、若干の差異を感じるかもしれません。

理由は、私自身が、老架や新架を学んだ後に、古い時代の陳発科の系統や、古伝の陳式小架を学んだ事で、次第に独特な架式となってきました。

鄭志鴻先生に学んだ楊式の古伝小架の影響もあると思います。

と言っても、意識的に混ぜた訳ではなく、それぞれの架式で練った内功が、26年の月日の中で噛み合い、自然に一連の流れとなりました。

現在、大陸で伝わっているものとは、立ち方(スタンス)の要訣が根本的に異なっています

今後も内面の動きが、より精妙化していけば、少しずつ変化していくと思います。

また、上記の理由以外にも、懶扎衣の架式は段階や目的に応じて、様々な架式があります。

例えば、下の動画の懶扎衣では、手の動きを極力抑え、上下の意識を重視して行っています。

それゆえ、手の軌道は立円を描き、纏絲はあまり表現していません。

逆に上下の動きを極力抑える架式もあります。この場合は、手の動きは平円を描き、開勁を重視しています。

この表現だと、大陸の新架式の架式に近いと思います。

ただし、立ち方は、やはり当門に伝わっている要訣となっています。

懶扎衣の套路の中での流れは以下の動画でご確認下さい。

陳式太極拳 基礎套路

懶扎衣の分解動作

攬扎衣には、楊式太極拳の攬雀尾と同じく、太極拳の四大勁である【ポン、リー、チー、アン】の四正手がすべて内包されています。

陳式太極拳 懶扎衣のポン勢の写真
懶扎衣 ポン勢

ポン勢は、内側からふくませる力の総称です。性質としては上方へと向かいます。

懶扎衣のリー勢の写真
懶扎衣 リー勢

リー勢は、相手の攻撃を後方へいなす、もしくは巻き取る動作です。

懶扎衣のチー勢の写真
懶扎衣 チー勢

チー勢は、相手に密着し、相手の力を遮断する前方へ向かう勁です。

陳式太極拳 懶扎衣の按勢の写真
懶扎衣 按勢

按勢には、下方に向かう下按と前方へ按出する前按があり、懶扎衣の場合は、全体の流れは前按ですが、下方への按の力も内包しています。

陳式太極拳の四正手を用いた用法例

では、この懶扎衣の套路の動き通りに、ポン、リー、チー、アンの四正手を用いた用法例を紹介しましょう。

懶扎衣の用法例の紹介、相手が左手で、こちらの右肩を掴んできた写真
相手が左手で、こちらの右肩を押さえてきました。
陳式太極拳 懶扎衣の用法例、相手が右肩を押さえてきたのを右手のポン勢で接触した写真
相手の左手の肘あたりに、右ポン勢で接触します。

実際は、この接触時に相手に化勁をかけています。

陳式太極拳 懶扎衣の用法例、相手が右肩を押さえてきたのを右手のポン勢ではね上げている写真
そのまま右ポン勢で相手の左手をはね上げていきます。
陳式太極拳 懶扎衣の用法例、相手の左手を右リー勢で巻き取っている写真
ポン勢から、リー勢に換勁し、相手の左手を巻き取っていきます。

※ 換勁とは、勁を変換するという意味です。

陳式太極拳 懶扎衣の用法例、相手の左手をこちらの左手に持ち替え、右チー勢で相手に接触している写真
相手の左手をこちらの左手に持ち替え、右チー勢で相手に接触、密着します。

相手は、右手で防ごうとしますから、右手ごと相手の力を遮断します。

陳式太極拳 懶扎衣の用法例、チー勢から下方への按勢に換勁し、相手を後方へと倒している写真
相手に接触したまま、チー勢から下方への按勢に換勁し、相手を後方へなぎ倒します。
陳式太極拳 懶扎衣の用法例、チー勢から下方への按勢に換勁し、相手を後方へと倒している写真
相手の抵抗が強い場合は、身を引き、翻して、相手の後頭部を掌打で打ちます。

連続すると、以下のようなイメージとなります。

ここでは、懶扎衣の套路の順番通りの用法例を紹介しましたが、実際には、ポンから按への打法として用いる場合もありますし、リーからチーへの打法など、用途に応じて使用します。

打法としての懶扎衣(動画)

上記では、懶扎衣の套路(型)の動きを、そのまま使用しましたが、もう一つの考え方として、懶扎衣の終末動作の按勢までの過渡動作(ポン、リー、チー)は、按勢への蓄勢と捉える事もできます。

つまり、按勁を打ち出すためのゼンマイ仕掛けのぜんまいを巻いている動作であるという事です。

正確な套路(型)の動きを長年練っていると、内功といった体の内面から、体を動かす仕組みができてきます。

懶扎衣の内功は、ゼンマイ仕掛けのように、身体内で発生させた【らせん状の力(纏絲勁)】を右掌に集中する仕組みとなっています。

以下の動画は、最初に懶扎衣の套路の動作、次に懶扎衣の内功による動き、そして最後に内功による瞬発力を表現しています。

陳式太極拳 懶扎衣の打法

太極拳のもっとも中心となる武器は、この右手による掌打です。

套路で技を打つ仕組み(内功)を形成し、内功そのものを活用したものが技となります。

太極拳は、この右手による掌打を当てるために、他の技法で撹乱、捕捉し、懶扎衣へつなげるのを戦術の第一歩としています。

それゆえ懶扎衣を第一手としている訳です。

また、套路の前半部分の構成も、懶扎衣を基準とした変化(六封四閉、白鶴亮翅)や相反した技法(単鞭金剛搗碓など)で構成されています。

昔日の太極拳修行者は、この第一手である懶扎衣のみを数年間、徹底的に練り、威力、速度ともに伴ったものに仕上げていったと言います。

時代は変わっても、我々もそれを目指して行きたいものです。

文中に出てくる内功について詳しく知りたい方は、こちら のページで解説しています。

陳式太極拳の戦略と戦術1(相手を誘う)

本項では、打法としての懶扎衣をどのような戦術を用いて、相手に当てていくかを考えてみましょう。

さて、皆さんは以下の構え、立ち方を見て、どのような意図を感じるでしょうか?

陳式太極拳 懶扎衣の構え
この構えから、何を感じるでしょうか?

両手ともガードは下がり、右手は胸あたり、それもかなり体に近い位置です。左手にいたっては、腰の位置まで下げ、相手に隠しているようにも見えます。

顔は突き出しているようにも見え、無防備といっても良い姿勢です。格闘技的にはありえない構えと言って良いでしょう。

一つのヒントを言うと、この姿勢は懶扎衣の意味について解説した衣服のすそをまくり上げ、帯に挟んでいるような姿勢を意図的にとっています。

この姿勢の内面を解説すると、懶扎衣の前半部分のゼンマイを巻いた状態(蓄勢)を維持しています。

つまり、この姿勢からいつでも、ポンやチー、そして懶扎衣の按(掌打)を発動できる状態だという事です。

懶扎衣の構えからチー勢を発動している写真
この状態から、いつでもポンやチーを発動でき、相手の攻撃(右拳)に対して対処する準備ができている

また、相手の攻撃に対し、チーやポンで対処した後、そのまま懶扎衣の打法(按)に変化する準備もできています。

懶扎衣の按(掌打)を打っている写真
懶扎衣の掌打で反撃する準備もすでにできている。

相手の攻撃に対処する準備ができており、かつ瞬時に反撃する準備もできています。

では、あとは何が必要でしょうか?

そう、相手にこちらが受けやすい攻撃をしてもらう必要があります。

といっても、相手がわざわざこちらの受けやすい攻撃をしてくれる訳がありません。

ですから、相手にこちらが受けやすい攻撃をしてくれるように、こちらの顔面を、相手の打ちやすい距離に、打ちやすい場所に、差し向けるのです。

懶扎衣の場合であれば、相手が右拳でこちらの顔面を打ってくれるように、適切な位置に自分の顔を差し出します。

ここからは、対人練習でイメージしていきましょう。

実際には、相手と接触する以前に、相手が攻撃しやすい距離、位置を見定める必要がありますが、ここでは分かりやすく搭手の状態から始めます。

搭手の状態から相手の意識をこちらの顔面に集中させている写真
搭手の状態から、相手が右拳でこちらの顔面を打ちやすい状況になるように、自分の顔の位置を調整し、相手の意識を自分の顔面に集中させます。

どうすれば、相手がこちらの顔を打ちたくなるのか、色々と試行錯誤してみましょう。

相手の意識の発動を感じ、懶扎衣のポン勢を発動させている写真
相手の意識が発動し、右腕に力を感じると同時に、こちらはポン勁を発動させ、相手の力と交錯させます。

この時、一瞬ですが、相手とこちらの間にはアーチ(つっかえ棒)が形成されます。

相手の右腕の力をリー勢で化かしている写真
次の瞬間には、こちらは、ポン勁からリーの勁に変化し、相手を後方へと導きます。

相手は、アーチ(つっかえ棒)が崩壊したため、やや前のめりになり、バランスを崩します。

バランスが崩れるという事は、一瞬体が硬直し、次に向かう動作に遅れが生じるという事です。

この技術は、推手の技術そのままです。このまま相手を引き崩す事もできますが、ここでは按撃へと変化します。

相手がバランスを崩し、硬直している間に変化している写真
相手がバランスを崩し、硬直した瞬間に、こちらは按撃へと変化します。
左手で按し、相手の攻撃線を紙一重でかわしている写真
左手で軽く按し、相手の攻撃線を紙一重でかわします。

この左手の按は、懶扎衣の落式の按です。

陳式太極拳 懶扎衣の按勢の写真
懶扎衣の落式(終末動作)の左手の按
懶扎衣を打ち込んでいる写真
がら空きになったの相手の顔面に懶扎衣を打ち込みます。
相手の体に吸い込まれるように体ごと懶扎衣を打っている写真
相手の顔に吸い込まれるように体ごと入っていきます。
残心を取り、相手の次の行動に備えている写真
残心を取り、相手の次の変化に備えます。

この動きを動画で見ると、以下のようになります。

懶扎衣の対人練習の動画

※ この動画は一度だけだと一瞬で終わってしまうため、同じ動画を二回つなげています。

このように、懶扎衣の戦略の第一歩は、自分は攻防ともに盤石の状態を維持し、その上で相手の攻撃を誘って反撃します。

具体的な戦術としては、相手の右拳での上段攻撃を誘い、チーやポンで交錯、リーに転じた後、按で反撃するといったストーリーです。

応用として、相手に右拳で中段を突かせるには、どうするか。また突かせた後、どのような技法に変化するか。

あるいは左拳で突かせる場合は、どのような力を準備し、どのように誘うか、またどの動きで反撃するかなど、色々と考えてみると良いと思います。

陳式太極拳の戦略と戦術2(撹乱し、仕留める)

前項では、相手を誘い、反撃する戦略について説明しました。

しかし、誘っているだけでは、誘いに乗ってこない相手や様子を見ている相手には、対処できない場合もあります。

本項では、懶扎衣のもう一つの戦略である。【相手を撹乱して仕留める】戦略 乱扎衣について考えてみたいと思います。

まず以下の動画を見てみて下さい。

上の動画では、ポン勢(穿掌)で仕掛け、六封四閉(切掌)への変化、そして懶扎衣(掌打)へと繋げています。

六封四閉は、懶扎衣に続く陳式太極拳の第二手です。用法例としては、相手の両手を封じての投げ技や撞掌がありますが、ここでは切掌を用いています。

六封四閉について詳しくは、こちら のページで解説しています。

六封四閉の切掌、相手の肝臓に向けて手刀部を切り込む。

また最初に行うポン勢も、楊式太極拳の攬雀尾のポン勢のように、ドリル上の力を指先に集中した穿掌として行っています。

楊式太極拳 攬雀尾 ポン勢の写真
楊式太極拳 攬雀尾のポン勢

続いて、分解写真で、この技法を解説してみましょう。

相手が誘いに乗ってこない場合は、こちらからポン勢で仕掛け、相手に圧力をかけます

右ポン勢で圧力をかけ、相手の右上段受けを誘発している写真
右ポン勢で圧力をかけ、相手の右上段受けを誘発する。この瞬間に両者の間にアーチが形成されます。(写真①)

アーチが形成された瞬間に、今回はそのアーチを途切れさせないように、左手へとバトンを渡し、

相手との接触部を支点に、すべり込むように右手を翻し、右切掌へと変化している写真
相手との接触部を支点に、すべり込むように右手を翻し、右切掌へと変化していきます。(写真②)

※ この技法では、相手との間のアーチを途切れさせずに、同じ圧力で左手にバトンを渡します。(相手に手を入れ替えた事を気取られないようにします)

相手は、右切掌を防ごうと、体を屈ませようとします。つまり相手の意識を下方へと誘導します。

相手の意識が下方へと向かった瞬間に、今度は下から上へと身を翻し、右掌打を相手の顔面に打ち込みます。

相手の意識の動きを整理すると、こちらが仕掛けた右ポン勢を受けようと、まず前方上方へと向かい(写真①)、次に右切掌を防ごうと体を屈めようとします。(写真②)そこでがら空きとなった顔面へと掌打を放つ戦術です。

相手を後手後手と追い込み、退路を断つ戦略となります。

この動きをスローで表現すると、以下のようになります。

このように太極拳の技法は、懶扎衣に限らず、相手の意識を巧みに利用し、その上で一連の線の動きとなります。

今回は、六封四閉の切掌からの変化を紹介しましたが、応用として、四正手のいずれからでも、懶扎衣を打てるようにする。

あるいは、終末動作に他の四正手を用いる。または、金剛搗碓や単鞭などの他の技法と連環するなど、原理原則があっていれば、いくらでも応用が可能です。

各自で色々と試行錯誤されてみると良いと思います。

終末動作に懶扎衣のリー勢を用いた用法例の写真
終末動作にリー勢を用い、相手の側頭部を狙った懶扎衣の応用例

まとめ

今回は、陳式太極拳の懶扎衣について、その言葉の意味や型の分解動作、また懶扎衣の戦略や戦術に則った用法を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

当門には、懶扎衣の対練法なども伝わっているので、機会があれば紹介したいと思います。

最後になりましたが、懶扎衣は、私がもっともこだわり、練習してきた技法です。

太極拳の技の中で、一番好きな技法でもあります。

今後も気付いた事があれば、追記していきますので、定期的にこちらのページをご覧下さい。

陳式太極拳の他の技法については、技法研究 陳式太極拳のカテゴリーで紹介しています。

当会に興味を持たれた方は、受講案内のページをご覧下さい。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

金剛搗碓の落式の写真
金剛搗碓

陳式太極拳の開門式である金剛搗碓の意味や型の分解動作、用法例などは、こちらのページをご覧下さい。

陳式太極拳 金剛搗碓応用例の写真
金剛搗碓の応用例などを写真や動画で紹介しています。
陳式太極拳 六封四閉 按勢の写真
懶扎衣の次の技法である六封四閉

六封四閉の言葉の意味や型の分解動作、用法例などは、こちらのページをご覧下さい。

陳式太極拳 六封四閉の撞掌の落式の写真
六封四閉の撞掌の動画なども当ページのみ限定公開しています。

ブログランキングに登録してみました。
記事が参考になった方は、応援して頂けると幸いです(^人^)

にほんブログ村 格闘技ブログ 太極拳へ

初稿 2020年8月11日
二稿 2021年6月5日

体験のお申込みは、こちらから↓
太極拳のオンラインレッスン

太極拳のオンラインレッスンについては、下記ページをご覧下さい。

TOPページへ戻る

トップページへ戻る場合は、下記ボタンをクリックして下さい。