ブログ

陳式太極拳 懶扎衣(らんざつい)の研究

陳氏太極拳 攬扎衣の指導員による演武写真
陳氏太極拳 懶扎衣

今回は、陳式太極拳の第一手、懶扎衣についての用法例や動画を用い、これまでの研究成果を紹介したいと思います。

懶扎衣、攬扎衣、乱扎衣の意味?

懶扎衣は、攬扎衣、乱扎衣とも書かれます。

もともと中国では、技法名や要訣は口伝として伝えられてきたため、後々、発音の似ている字を当て字として使用している場合が多くあります。

ちなみに楊式太極拳の攬雀尾も同じ(ランチャ(ザ)ーイー)の発音です。

懶扎衣、攬扎衣、乱扎衣ともに扎衣の文字は共通していますね。

衣は、衣服と言って良いと思います。

扎には、次の二つの意味があります。

  1. 刺す
  2. 縛る,くくる,巻く,束ねる,結わえる

①の刺すは、刀術などでも扎刀の技法名で出てきます。

刺の字も、文字通り刺すという意味ですが、刺と扎を比べると、扎はもっと強引にぶっ刺す、ぶっ飛ばすといった感覚でしょうか。

扎衣で、衣を刺す。相手を刺す、打つという意味でしょうか。

②の意味だと、相手の衣服を縛って束ねて、動けなくするといったイメージでしょうか。

あるいは、衣を縛る、結わえるとも受け取れます。

次に、ランの言葉の意味についてもそれぞれ調べてみましょう。

  • 乱…乱す、混乱させる。
  • 攬…(両手で胸元に)抱き寄せる,抱え込む。
    (ばらばらの物を縄などで一まとめに)縛る,くくる。
  • 懶…無精な、なまけもの

それぞれのランの文字を扎衣に当てはめると、どのようなイメージが湧いてきますか?

乱扎衣だと、相手を混乱させて、かき乱して、打つ。あるいは、混乱させつつ拘束するといった感じでしょうか。

攬扎衣だと、相手を引き寄せて打つ。あるいは拘束して打つといった意味でしょうか。

懶扎衣だと、ちょっと意味がつながらないですね。でも古い拳譜だと、この文字が使われている事が多いです。

※ 一説には、中国武術の丈の長い道衣(パオ)の裾をめくって腰に扎(くくる)という意味で懶扎衣を用いているそうです。

皆さんも、コロナウィルス禍で練習ができない時に、色々と調べてみると良いと思います。何か分かったら教えて下さい。

ちなみに私が頂いた拳譜だと、攬扎衣の文字が使われています。攬扎衣を一言で言えば、相手をとっ捕まえて、引き寄せて打つの意味です。

にも関わらず、私は普段は乱扎衣のほうを使っています。

理由は、今の私の感覚としては、乱扎衣のほうが近いからです。

どの文字が使われていたかは、この技法を作った方にしか分かりませんが、私なりの解釈としては、乱扎衣という技法は、相手を四正手で翻弄し、捕捉した上で、とどめ刺す。

そういう技法として捉えています。理由は、用法例で後述しましょう。

攬扎衣の套路(型)動画

陳式太極拳 懶扎衣の動画

上の動画は、当会の乱扎衣の動きです。

現在、一般的に広まっている老架式とも新架式とも異なっていると思います。

理由は、私自身が、老架式や新架式を学んだ後に、台湾に伝わった陳発科の系統や古伝の小架式を学んだ事により、かなり独特な架式となってきました。

現在、大陸で伝わっているものとは、立ち方(スタンス)が根本的に異なっています。

套路の動きも、別に変えようと思って変えた訳ではなく、内功の動きが表面上にも表れるようになり、自然と変わっていきました。

今後も変わっていくと思います。

懶扎衣の分解動作

攬扎衣には、楊式太極拳の攬雀尾と同じく、太極拳の四大勁である【ポン、リー、チー、アン】の四正手がすべて内包されています。

陳式太極拳 懶扎衣のポン勢の写真
攬扎衣 ポン勢

ポン勢は、上方に向かう力の総称です。

陳式太極拳 懶扎衣のリー勢の写真
攬扎衣のリー勢

リー勢は、相手の攻撃を後方へいなす、もしくは巻き取る動作です。

陳式太極拳 懶扎衣 チー勢 起式の写真
攬扎衣 チー勢 起式

チー勢は、相手の力を遮断する前方へ向かう勁です。

陳式太極拳 懶扎衣 チー勢 落式の写真
チー勢の落式、ここまでがチーの勁となります。

技法としては、ポンに近い感じです。

陳式太極拳 懶扎衣 按勢の写真
攬扎衣のアン勢

按勢には、下方に向かう下按と前方へ放出する前按がありますが、陳式太極拳の攬扎衣の落式は、両方の按を含んでいます。

懶扎衣の四正手を用いた用法例

では、この懶扎衣の套路の動き通りに、ポン、リー、チー、アンの四正手を用いた用法例を紹介しましょう。

相手が左手で、こちらの右肩を押さえてきました。
陳式太極拳 懶扎衣の用法例、相手が右肩を押さえてきたのを右手のポン勢で接触した写真
相手の左手の肘あたりに、右ポン勢で接触します。

実際は、この接触時に相手に化勁をかけています。化勁については、こちら のページで説明しています。

陳式太極拳 懶扎衣の用法例、相手が右肩を押さえてきたのを右手のポン勢ではね上げている写真
そのまま右ポン勢で相手の左手をはね上げていきます。
陳式太極拳 懶扎衣の用法例、相手の左手を右リー勢で巻き取っている写真
ポン勢から、リー勢に換勁し、相手の左手を巻き取っていきます。

※ 換勁とは、勁を変換するという意味です。

陳式太極拳 懶扎衣の用法例、相手の左手をこちらの左手に持ち替え、右チー勢で相手に接触している写真
相手の左手をこちらの左手に持ち替え、右チー勢で相手に接触、密着します。

相手は、右手で防ごうとしますから、右手ごと相手を遮断します。

陳式太極拳 懶扎衣の用法例、チー勢から下方への按勢に換勁し、相手を後方へと倒している写真
相手に接触したまま、チー勢から下方への按勢に換勁し、相手を後方へと倒します。
陳式太極拳 懶扎衣の用法例、チー勢から下方への按勢に換勁し、相手を後方へと倒している写真
相手の抵抗が強い場合は、身を引き、翻して、相手の後頭部を掌打で打ちます。

連続すると、以下のようなイメージとなります。

ここでは、懶扎衣の套路の順番通りの用法例を紹介しましたが、実際には、ポンから按への打法として用いる場合もありますし、リーからチーへの打法など、用途に応じて使用します。

攬扎衣の内功の動き

正確な套路(型)の動きを長年練っていると、内功といった体の内面から体を動かす仕組みができてきます。

内功についての詳細は、こちら のページをご覧下さい。

攬扎衣の内功の動き

上の動画は、攬扎衣の内功の動きを表現したものです。

またここでは、前方への按勁を発しています。

つまり攬扎衣の套路の動きは、言い換えれば、前方への按勁(掌打)を発するための仕組みを作っているとも言えます。

その最大の理由は、太極拳のもっとも中心となる武器は、右手による掌打と言えるからです。

特に陳式太極拳は、右手による掌打を当てるために他の技法で撹乱、捕捉し、攬扎衣へつなげる。

または、攬扎衣からの変化として、他の技法を使用する構成となっています。

そのためにも、この右手による掌打である攬扎衣が、威力、速度ともに伴ったものでなければ意味がありません。

攬扎衣の内功による瞬発力

それゆえ、攬扎衣を第一手とし、太極拳修行者は、まずこの第一手を徹底的に練り、ものにする必要があります。

乱扎衣の打法を用いた用法例

本項では、乱扎衣(右手による掌打)を用いた打法としての用法例を紹介します。

乱扎衣の打法を用いた用法例

上の動画では、ポン勢で仕掛けた後に六封四閉(切掌)→ 乱扎衣(掌打)へと繋げています。

六封四閉は、懶扎衣に続く陳式太極拳の第二手です。用法例としては、相手の両手を封じての投げ技や切掌、もしくは撞掌がありますが、ここでは切掌を用いています。

六封四閉について詳しくは、こちら のページで解説しています。

六封四閉の切掌を用いた用法例

続いて、分解写真で、この技法を解説してみましょう。

太極拳の搭手の写真
相手の攻撃を右ポン勢で受ける

相手の右手による攻撃を右ポン勢で受ける。あるいは、自分から右ポン勢で仕掛けます。

指導員による太極拳の用法説明の写真
六封四閉の切掌で相手の右脇腹を撃つ

相手の右腕を左手に換手し、滑り込ませるように右切掌(六封四閉)を打ちます。(実際には、この状態で化勁をかけています)

※ 換手については、こちら のページをご覧下さい。

陳式太極拳 乱扎衣の用法例の写真
相手が右切掌に反応した瞬間、身を翻して右掌打(乱扎衣)を相手の顔面に打ち込みます。

相手が右の切掌に反応した瞬間に、こちらは相手の左手を制御し、そのまま上に切り返して、右乱扎衣を打ちます。

実用時の動きは、以下のようになります。

乱扎衣の打法を用いた用法例

スロー再生だと以下のようになります。

今回は、六封四閉からの変化を紹介しましたが、乱扎衣は、四正手のいずれからでも打てるようにしなければなりませんし、金剛搗碓の撩掌から、あるいは単鞭式の勾手からの変化なども可能です。

各自で他の技法といかに結びつけて使用するかを考えてみると良いと思います。

一つのヒントをしては、他の技法を用いて、いかに相手の意識を巧みに利用した技法とするかだと思います。

当会では技法名として、乱扎衣を用いている理由は、こういった理由からです。

懶扎衣の原型は?

では、この懶扎衣という技法は、どうして生まれたのでしょうか?

懶扎衣の原型は、一言で言えば、長拳系や少林拳の単推掌、もしくは順歩推掌と呼ばれているものです。

順歩推掌(単推掌)の写真
順歩推掌(単推掌)

ただし、順歩推掌は、口元からほぼ直線的に掌や手刀部を押し出すように打つ技法で、懶扎衣のように円を描く予備動作はありません。

また、これまで紹介した用法例のように、四正手を用いて、相手を制御するような動きも含まれていません。

ちょうど、インスタで順歩推掌の動画があったので、お借りしてみました。

では、この順歩推掌が、どのような理由で懶扎衣となっていったのでしょう?

これは、当門での考え方ですが、元々陳家溝では、刀術や剣、槍、春秋大刀などの武器術が盛んでした。

陳氏太極拳単刀の写真
陳氏太極拳単刀

重い武器を長年操作する事で、陳家溝の武術家たちは、必然的に内功を得ていた。

そこに外部から、素手の拳法が何らかの形で伝わり、元々武器術で内功を得ていた陳家溝の武術家たちが拳法を内功で練り直した。

もしくは、元々陳家溝で武器術を学んでいた者が、外部で拳法を学び、練り直した。

いずれにしても、仙人が伝えたとか、将軍が作ったというよりは、素手の拳法と陳家溝の武器術が融合して太極拳が生まれたのだと思います。

では、具体的に武器術のどのような技法が影響して、順歩推掌が懶扎衣へと変わっていったのでしょう?

内功に関しては、総合的なものなので、どれか一つという訳ではないのですが、もっとも影響を受けたのは、刀術の掄劈という技法だと思います。

中国刀術 掄劈

掄劈は、刀術の技法で、掛(か)という技法から上へと刀を回し、劈(へき、切り下ろす動作)へとつなげる技法です。

攬扎衣の套路の動画と見比べると、右手の軌道がほぼ同一なのが、分かると思います。

懶扎衣は、最終的に按勁(下按、前按)を放出する技法ですが、按も劈も同じく根本的には、上から下へと向かう力ですから、必然的に同じような身体の使い方となります。

まとめ

女性会員による陳式太極拳の写真
女性会員による陳式太極拳

今回は、陳式太極拳の懶扎衣という技法について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

当門には、懶扎衣の対練なども伝わっているので、機会があれば紹介したいと思います。

最後に私自身の2020年7月に撮影した懶扎衣の動画を紹介します。

前述した 攬扎衣の套路の動画は、2019年の撮影です。見比べてみると、どのような変化があったのかが、分かると思います。

陳式太極拳 懶扎衣 2020年7月撮影

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

ブログランキングに登録してみました。
記事が参考になった方は、応援して頂けると幸いです(^人^)

にほんブログ村 格闘技ブログ 太極拳へ
太極拳のオンラインレッスン

太極拳のオンラインレッスンについては、下記ページをご覧下さい。

体験のお申込みは、こちらから↓
TOPページへ戻る

トップページへ戻る場合は、下記ボタンをクリックして下さい。