ブログ

陳式太極拳 六封四閉(ろくふうしへい)の研究

陳式太極拳 六封四閉 按勢の写真

今回は、陳式太極拳の六封四閉についての用法例を連続写真や動画を多く使用し、これまでの研究成果を紹介したいと思います。

六封四閉、如封似閉、抱虎帰山の意味?

六封四閉は、陳式太極拳特有の技法名で、楊式太極拳では如封似閉の名称が使われています。

発音は、どちらも(ルーフォンスービ)です。

中国では、技法名や要訣は口伝として伝えられてきたため、発音の同じ文字を後々当て字として使用している場合があります。

また台湾に伝わった陳氏太極拳の流派では、抱虎帰山(ほうこきざん)の名称で伝わっています。

後述する用法を考えると、如封似閉が、「閉じるに似て、封じる如く」と一番しっくりくる気がします。

ただ、六封四閉の六や四といった数字も気になります。

以下の動画を見て、六や四を感じる所はありますか?

陳式太極拳 六封四閉 套路の動画

六封四閉では、陳式太極拳独特の虚歩を用いますが、陳式の虚歩は、重心の割合がおおよそ6:4となります。

この虚歩は、主に陳発科系の陳式太極拳の特徴で、陳家溝系の老架や台湾の杜氏系の場合は、おおよそ8:2位となります。

抱虎帰山は、直訳すると「虎を抱いて、山に帰す」となります。

襲ってきた虎を抱いて、諭して山に帰すといった意味でしょうか、これも用法として考えると、一理ある気がします。

六封四閉の分解動作

次に陳式太極拳 六封四閉の分解動作を見てみましょう。

六封四閉のリー勢の写真
六封四閉 リー勢

陳式太極拳の第一手である懶扎衣は、ポンから始まりますが、六封四閉はリー勢から始まります。

六封四閉 ポン勢の写真
六封四閉 ポン勢

リー勢から、上へ向かうポン勢へと換勁します。この動作は、提とも言えます。

六封四閉 チー勢の写真
六封四閉 チー勢

ポン勢から、チー勢への変化。上半身の動作よりも重心移動を意識し、相手の力を遮断したまま、相手に密着します。

六封四閉 按勢の写真
六封四閉 按勢

最後は、下方への按勢で収めます。

六封四閉の用法例

では、套路(型)通りの四正手(ポン、リー、チー、アン)を用いた用法例を紹介しましょう。

六封四閉の用法例 相手が両肩を押さえてきた写真
相手が両肩を押さえてきました。
六封四閉の用法例 相手の両手を巻き込んだ写真
相手の両手を交差し、巻き込みます。
  1. 相手の左手に右手で下から接触し、相手の右手には左手で上から接触。
  2. 右手は相手の左手を上から下へ、左手は相手の右手を下から上へと交差し、巻き込む。

拡大すると、以下のようになります。

相手の両手を交差し巻き込んだ状態の拡大写真
相手の両手を交差し、巻き込んだ状態の拡大写真
相手の両手を巻き込んだ状態を維持しながら、ポン勢で上へ崩しつつ、チー勢で密着。

「閉じるに似て、封じるが如し」です。

そのまま、下方への按勢へと換勁し、相手を地面に叩きつけます。

連続すると、以下のようなイメージとなります。

相手の力(虎)を抱いて(引き寄せ、巻き込んで)、山(相手)に帰します。

六封四閉の打法を用いた用法例

ここまで、六封四閉の套路(型)通りに、四正手を用いた用法例を紹介してきましたが、本項では六封四閉の打法を用いた用法例を紹介します。

六封四閉の打法を用いた技法は、いくつもありますが、代表的なものとして、切掌と撞掌を紹介しましょう。

六封四閉の切掌を用いた用法例

六封四閉 切掌

六封四閉を用いた切掌は、身体を圧縮しながら、相手の肝臓に目がけて、手刀部を打ち込みます。

六封四閉の切掌は、外見はシンプルですが、速度と威力を併せ持った稀有な打法です。

一つの応用例として、陳式太極拳の懶扎衣(らんざつい、右手による顔面への掌打)との連絡技法を紹介します。

相手の攻撃を右ポン勢で受けている写真
相手の右手による攻撃を右ポン勢で受ける

実際には、この状態で化勁をかけています。化勁については、こちらのページで解説しています。

陳式太極拳 懶扎衣の用法例の写真
相手に化勁をかけ、相手の右手を左手に換手し、相手の上段に右掌打(懶扎衣)を打ちます。
指導員による太極拳の用法説明の写真
相手が懶扎衣に反応した瞬間に、身を縮め、六封四閉(切掌)を相手の肝臓に撃ちます。

※ 換手については、こちら のページをご覧下さい。

連続すると、以下のようなイメージとなります。

懶扎衣と六封四閉の順序を入れ替えると、以下の動きとなります。

六封四閉の撞掌を用いた用法例

六封四閉を用いた撞掌は、身体を折畳(膨張→圧縮)させつつ打つ、非常に強烈な打法となります。

六封四閉の撞掌を打ち放った瞬間の写真
六封四閉の撞掌を打ち放った瞬間

撞掌の用法例としては、前述した攬扎衣からの変化として、相手が上段の懶扎衣に反応した瞬間に胸部へ撞掌を打つ場合など、多種多様なものがあります。

ここでは、四正手のポンとリーを用いて撹乱し、撞掌へとつなげるパターンを紹介しましょう。

楊式太極拳 攬雀尾 ポン勢の用法例の写真
相手の右顔面を右ポンで狙います。
楊式太極拳 攬雀尾 リー勢の用法例の写真
相手が右ポン手を防ごうと思った瞬間に、リー勢に換勁し、相手の左側面を襲います。
相手がリーを左手で防ごうとした瞬間に、右手の按で外に引っ掛け、がら空きになった胸部を撞掌で打ちます。

写真で見て分かるように、この両手で相手の両腕を開いた状態が、六封四閉の套路の形となります。

間合いが近ければ、靠(カオ、肩口での体当たり)を用います。

つなげると、以下のようなイメージとなります。

この技法は、相手の右側面(外)→左側面(外)と相手の意識を外→外と向けさせた瞬間に中(なか)胸部へと撞掌を打ちます。

また、リー勢の打った際に、相手が防御した左手を、こちらの左手でツァイ(掴み、換手)し、相手の左側面へと回り込みながら、後頭部へ撞掌を打つ場合もあります。

連続すると、以下のイメージとなります。

この技法は、楊式太極拳の高探馬となります。

この技法は、左手による換手、そして側面への回り込みがミソとなります。

実は、この左手による換手が、楊式太極拳の如封似閉の動作です。

六封四閉を用いた連打

次に六封四閉を応用した連撃を紹介しましょう。

陳式太極拳 六封四閉を用いた連打

六封四閉の内功(体を動かす仕組み)を応用した連撃です。

内功については、こちらのページにて詳しく説明しています。

相手に何らかの打法が当たり、相手がバランスを崩した瞬間に連撃します。

実用時は、この連打の仕組みを用い、上下に打ち分けて打つ事も可能です。

まとめ

女性会員による陳式太極拳 六封四閉の演武写真
女性会員による陳式太極拳 六封四閉

今回は、陳式太極拳の六封四閉について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

六封四閉に関しては、陳式太極拳の母掌とも言える懶扎衣との関連が強く、懶扎衣が単按(片手による按)であるのに対して、六封四閉は双按を用います。

また懶扎衣は上段、六封四閉は中段と、いずれも陰陽の関係となっています。

懶扎衣について詳しくは、こちらのページをご覧下さい。

六封四閉については、まだまだ書きたい事が山のようにあるので、今後このページは加筆改訂していきますので、たまに読み返してみて下さい。

当門には、懶扎衣の対練の変化として、六封四閉の対練も伝わっています。

最後に私自身の2020年7月に撮影した六封四閉の動画を紹介します。

先に紹介した 六封四閉の套路の動画は、2019年の撮影です。見比べてみると、どのような変化があったのかが、分かると思います。

陳式太極拳 六封四閉 2020年7月撮影

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

ブログランキングに登録してみました。
記事が参考になった方は、応援して頂けると幸いです(^人^)

にほんブログ村 格闘技ブログ 太極拳へ
太極拳のオンラインレッスン

太極拳のオンラインレッスンについては、下記ページをご覧下さい。

体験のお申込みは、こちらから↓
TOPページへ戻る

トップページへ戻る場合は、下記ボタンをクリックして下さい。