ブログ

太極拳 単鞭(たんべん)の研究

太極拳の単鞭の用法例の写真

今回は、太極拳全般の代表的な技法である単鞭(たんべん)についての用法例や動画を多く使用し、これまでの研究成果を紹介したいと思います。

単鞭の言葉の意味は?

単鞭(たんべん)に関しては、ほぼ全ての流派において、単鞭の技法名で共通しているようです。

太極拳の伝統套路(型)では、一番登場回数の多い技法でもあり、太極拳と言えば、単鞭と言われるほどの代表的な技法です。

単鞭の言葉の意味は、文字通り「単(ひとえ)の鞭」、単独の鞭、片手の鞭という意味です。

ちなみに双鞭という技法が伝わっている門派もあり、双鞭の場合は、両手で鞭を表現します。

あと、これは私個人の見解ですが、天秤(てんびん)という言葉も関係しているように感じています。

天秤は、中国語では天平と書き、発音は、「ティェン ピィン」。単鞭の発音は、「ダン ビィエン」です。

発音自体が、少し似ているというのもありますが、単鞭の落式が何となく天秤の形に似ていると感じませんか?

単鞭の套路の動き

単鞭の分解動作

では、単鞭の套路の動作を分解してみましょう。

陳式太極拳の単鞭は、老架式と小架式系で少し違いますが、ここでは小架式系の単鞭の動きを基にした動作を紹介します。

楊式太極拳の単鞭とも共通点の多い架式です。

六封四閉の落式の写真
六封四閉の落式から、
単鞭のポン勢の写真
左方向へのポン、
単鞭のリー勢の写真
右方向へのリー勢へ換勁、
単鞭のチー勢の写真
続いて右勾手に意識を集中していきますが、この動作は右方向へのチーとも言えますし、ツァイ、また撩と捉える事もできます。
単鞭のカオの写真
両手を合手し、左方向へのカオ
単鞭の展開時の写真
続いて両手を展開していきます。
単鞭の更に展開していく写真
更に展開し、左腕全体に意識を広げていきます。
単鞭の落式の写真
単鞭の落式、両手は展開し、同時に沈の意識があります。

単鞭の用法例

単鞭の用法例 お互いに向かい合った写真
塔手の状態から、相手が右手で、こちらの顔面を突いてきました。
右の六封四閉(切掌)を打っている写真
身を屈め、左手で防ぎながら、右の六封四閉(切掌)を放ちます。

六封四閉(切掌)については、こちらのページで詳しく説明しています。

提手上勢を放ち、相手の右肘を、こちらの右手と左手で挟んでいる写真
相手の意識が右わき腹に向かった瞬間に、右手を翻し、提手上勢で相手の顔面を狙い、同時に相手の右肘あたりを、こちらの右手と左手で挟みます。
相手の右腕をこちらの右腕で巻き込んでいる写真
そこを支点に巻き込み、崩して、
相手の右腕を巻き込んだまま、左単鞭で相手を投げ倒している写真
相手の右腕をロックしたまま、換歩して左足を相手の後方に進歩し、左単鞭で投げ倒します。

つなげると以下のイメージとなります。

単鞭の用法例を連続撮影したGIF画像

単鞭の打法を用いた用法例

ここまで単鞭の投げ技としての用法例を紹介してきましたが、単鞭と言えば、文字通り「鞭(むち)」としての打法があります。

打法としての単鞭

基本的には相手の目や鼻を狙い、太極拳式のジャブと言っても良いと思います。

単鞭を用いた典型的なアプリケーションを紹介しましょう。

単鞭の打法の用法例1、両者が左構えで向き合っている写真
両者左構え
単鞭の打法の用法例2 相手の左手を引っ掛けながら、左単鞭を打っている写真
右勾手で相手の左手を引っ掛けながら、左単鞭を打ちます。
金剛搗碓の左撩掌で、下から相手の顔面を打っている写真
相手が単鞭に反応した瞬間に、こちらの左手を翻し、金剛搗碓の左撩掌で、下から相手の顔面をすくうように打ちます。

左単鞭から、左撩掌への変化は、1セットとして、いつでも使えるようにしておきましょう。

進歩して、金剛搗碓の右撩掌を打っている写真
相手の左手をこちらの左手に換手し、右足を進歩しながら、相手の脇下から右撩掌へと繋ぎます。

単鞭から、次式の金剛搗碓へとつなぐ技法です。

つなげると、以下のイメージとなります。

単鞭から、金剛搗碓へと繋ぐ連続写真のGIF画像

実際には、右の撩掌から色々なつなぎのパターンがあります。

単鞭は、双頭の蛇

単鞭を表す要訣として、「蛇」あるいは、「双頭の蛇」といった言葉があります。

単鞭自体を蛇のように使うという意味もありますが、「双頭の蛇」となると、どのようなイメージでしょうか?

もう一度、単鞭の套路(型)の動きを見てみましょう。

単鞭の套路の動きというのは、勾手を作るまでは、両手が一緒に動き、そこから左手が独立して単鞭を行っています。

つまり、勾手までが一つの技、そして勾手以降が、別の技法と捉える事もできると思います。

勾手以降は、これまで紹介した単鞭の技法です。勾手で相手を捉え、左単鞭で相手を打ったり、投げたりする技法です。

もう一つは、勾手そのものを使った技法という事になります。

もう一匹の蛇は、勾手を用いた腕打(わんだ)

では、勾手そのものを使った技法として、腕打を紹介しましょう。

単鞭の勾手を用いた腕打

この腕打の動作は、陳式太極拳 老架式の単鞭の前半の動作です。

腕打を用いた用法例としては、下から相手の脇腹を狙ったものと、外から内に相手の側頭部を打つものがあります。

相手の脇腹を、勾手による腕打で打っている写真
相手の脇腹を、勾手による腕打で打つ。
太極拳の勾手を用いて、相手の側頭部を腕打で打っている写真
相手の側頭部を狙った腕打もあります。

腕打と単鞭を用いた用法例

次に腕打から単鞭への変化(双頭の蛇)の応用例を紹介します。

この技法は、以下の行程を行っています。

  1. 下から上へ打ち上げる腕打
  2. 外から内への腕打
  3. そのまま相手の後頭部を捉え、拗歩単鞭

相対練習でイメージしてみましょう。

相手の上段突きを右ポン勢で受けている写真
相手の上段突きを右ポン勢で受けます。
腕打を相手に打っている写真
相手の右腕を左手に換手し、まず下から上への腕打を打ち上げます。相手がその腕打に反応した瞬間に、外から内への腕打に変化します。
相手を拗歩単鞭で打っている写真
そのまま右手で相手の後頭部を捉え、左の拗歩単鞭で相手を挟み打ちます。

つなげると以下のイメージとなります。

腕打から拗歩単鞭への変化を表わしているGIF画像
腕打から拗歩単鞭への変化

まとめ

今回は、太極拳の単鞭について、主に応用例を中心に紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

単鞭の右手に関しては、三才の理として、以下の関係が成り立っています。

  • 上段…攬扎衣(掌打)
  • 中段…六封四閉(切掌)
  • 下段…腕打(勾手)

この三手を状況に応じ、いつでも打ち分けたり、連絡させる事ができるようになれば、相手を撹乱、及び捉える事が可能となります。

また、右手の懶扎衣に、左手の単鞭と言われるほど、双方が太極拳の代表的な技法であり、同時に陰陽の関係となっています。

懶扎衣について詳しくは、こちらのページをご覧下さい。

単鞭については、今回紹介しきれなかった用法例も多いので、たまにこのページを読み返してみて下さい。

当門の場合は、拗歩での単鞭も一つの特徴となっています。

最後に私自身の2020年7月に撮影した単鞭の動画を紹介します。

先に紹介した 単鞭の套路の動画は、2019年の撮影です。見比べてみると、どのような変化があったのかが、分かると思います。

単鞭 2020年7月撮影
にほんブログ村 格闘技ブログ 太極拳へ

太極拳のオンラインレッスン

太極拳のオンラインレッスンについては、下記ページをご覧下さい。

体験のお申込みは、こちらから↓
TOPページへ戻る

トップページへ戻る場合は、下記ボタンをクリックして下さい。